激増!学生インターンシップ戦線に異変アリ

就活後ろ倒しの余波はここにも!

実は、およそ5社以上のインターンシップに参加した学生の中には、社名を憶えていない、全部は思い出せないというケースも結構あり、筆者は大いに驚いた。学生の期待とずれると印象にも残らないということだ。とりわけ事業紹介など自社のPRの域を出ないケースがこれにあてはまる。また、「行ってみたら思っていたものと違う内容だった」という声もよく聞かれ、中には「時間の無駄だと思い途中で帰らせてもらった」という学生もいた。

一口に「インターンシップ」と言っても、企業には各社各様の実施目的があり、学生にもそれぞれ参加する目的、期待することが異なる。日本の場合、1day、本格的な研修・実習、職場見学、グループワークなどと様々なタイプが混在するのに、「インターンシップ」の名のもとに一緒くたにされていることが、こうしたミスマッチの原因であろう。これではお互いのためにならない。

「インターンシップ」という大括りでの場の提供ではなく、「どんな内容のプログラムで、どんな人に参加してほしくて、このプログラムのゴールはなんであるか」を明確にし、しかもそれを学生側に分かりやすく伝えることが必要だ。

アメリカなど欧米の大学に比べて日本の大学は長期休暇が短いなど条件が異なるので、数カ月にわたる職業訓練としての実施はそう簡単ではない。しかし、若者がキャリアを考えるうえでインターンシップが今後ますます重要な位置を占めるのは間違いない。

「インターンシップ元年」と呼ばれるほど実施企業が増えた今だからこそ、目的に応じた使い分け、細分化が求められる。職場見学でも仕事体験でも、それを求める学生にはそれを提供できるようにすることで、より有意義な場として機能していくはずだ。

学生側も大学3年生になってから初めてインターン先を探すのではなく、ぜひ低学年から多くの「リトマス試験紙」でさまざまな仕事を測って自分の適職、適社を探ってもらいたい。(そのためにはまず企業側が低学年向けプログラムをもっと充実する必要があるが)

繰り返しになるが、インターンシップのゴールはプログラムを通して企業学生双方がお互いのフィット感を確かめることにある。企業は仕事の「魅力」と、敢えて「大変さ」の両方をしっかり見せ、学生は目的意識(=自分はその仕事をやれそうか判断する心づもり)を持って参加することで、いい出会いのきっかけになるだろう。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT