ミツミ電機の東北2拠点は損傷軽微。だが、計画停電が実施されれば、東京拠点は一部事業を縮小の方針【震災関連速報】

ミツミ電機の東北2拠点は損傷軽微。だが、計画停電が実施されれば、東京拠点は一部事業を縮小の方針【震災関連速報】

デジタル機器やゲーム機向け機構部品を手がけるミツミ電機が、東日本大震災で受けた影響は軽微だったもようだ。秋田工場や山形工場など、東北拠点は稼働を止めていない。ただ、東京電力の計画停電が行われれば、関東の拠点で操業に支障が出るおそれはある。

半導体用回路モジュールやアクチュエーターなどを手がける秋田工場(秋田県潟上市)、山形工場(山形県山形市)ともに大地震による損害は軽微。建物、設備ともに損傷はなく、人的損害もない。いったん途絶えた電力インフラも普及し、14日からは通常稼働が始まっている。

一方で半導体製造を行う厚木工場では、計画停電が実施される間は、操業を停止させる方針だ。設備の立ち上げや終了に多量の電力と時間を要するため、計画停電がなされれば製造コストが大きくかかってしまう。厚木工場の生産の一部を北海道千歳工場に移すことで全体の生産能力の低下を最低限にとどめる方針だ。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。