地方銀行の目を覚ました「シルチェスターの乱」 突然の「株主提案」が地銀業界に衝撃を与えた

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

株式市場への目配りを怠る経営はもはや通用しない。地銀の経営者はいっそう難しい舵取りを迫られそうだ。

シルチェスターのリリース
シルチェスターに株主提案を受けた地方銀行は、軒並み「反対」の意を表明した(記者撮影)

特集「地銀vs.ファンド」の他の記事を読む

「これまでは面談の依頼が来たときだけ対応していたが、今後はわれわれの方から投資家にアポイントを取って、説明に伺う」。そう話すのはある地方銀行の幹部だ。態度を改めるきっかけは、今春の肝を冷やす出来事だった。

「現在の当会社の配当政策は不十分であり、是正されなければ、日本の株主を含む当会社の株主に更なる弊害をもたらすこととなるでしょう」。

2022年4月、婉曲に地銀の経営陣を批判する書簡を公開したのは、イギリスの運用会社「シルチェスター・インターナショナル・インベスターズ」。書簡では、株式を約15年保有してきた岩手、京都、滋賀、中国銀行の4行に対して、特別配当を求める株主提案を行うと表明した。

単なる「増配」を求めたわけではない

株主提案は6月に開催された4行の株主総会に諮られた。いずれも賛成率は2割強にとどまったが、古参の大株主の豹変は、地銀の株主との対話に変化をもたらす契機になるはずだ。

シルチェスターの株主提案は、2022年3月期の年間配当額を会社提案の2倍前後に引き上げる内容だ。提案を受けた4行は一斉に反対を表明し、滋賀銀行を除く3行はそろって「短期的な視点に立脚したもの」と断じた。

だが、シルチェスターが求めたのは単なる増配ではなかった。

次ページ株主提案の本質的な狙いとは?
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内