しまむらは東北店舗数店の責任者と連絡不通、安否確認急ぐ【震災関連速報】

しまむらは東北店舗数店の責任者と連絡不通、安否確認急ぐ【震災関連速報】

しまむらは東日本巨大地震を受け、東北3県127店の被害調査を急いでいる。津波で甚大な被害を受けた宮城県名取市に2店、石巻市に3店あるほか、岩手県陸前高田市や大船渡市、福島県相馬市や南相馬市にも店舗展開している。14日13時現在では連絡がとれない店舗責任者が数名おり、被害の全体像は見えていない。同社は、情報がまとまり次第、営業状況等をホームページ上での情報を開示する予定だ。

(鈴木良英 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。