中国で人気投資対象の住宅ローン担保証券が急減 過去に例のない不動産危機が招いた資金調達の不全

拡大
縮小

中国の銀行による住宅ローン担保証券(RMBS)の発行が急減している。同国の不動産危機の影響で、かつては人気があり比較的安全だった投資ツールが活用されなくなっている。

中国資産証券化分析網がまとめたデータによると、RMBS発行額は年初来で245億元(約4900億円)と、昨年の同じ期間と比べ92%減少。2月末以降の発行はなく、発行ゼロの期間は2015年以来の長さとなっている。

S&Pグローバル・レーティングのアナリスト、ジェリー・ファン氏はRMBS発行額の落ち込みについて、「22年前半の住宅ローン組成件数の弱さを反映している」などと説明。回復時期は、住宅ローン組成のモメンタムと中国政府の規制方針にかかっていると述べた。

中国では記録的水準に上る不動産開発業者のデフォルト(債務不履行)に加え、特に未完成物件の所有者による相次ぐ住宅ローン返済ボイコットで銀行のリスクが高まり、過去に例を見ない不動産危機を引き起こした。それが今年のRMBS発行低迷という連鎖反応を招いた。政府のデータによれば、上期の新築住宅販売は前年同期比32%減少した。

中信証券の債券アナリスト、李晗氏は「RMBSの中核部分は裏付けとなるキャッシュフローや資産だ」と指摘。 開発業者の社債償還延期といった未解決の問題や他のマイナス要因を踏まえ、投資家はこうした商品により慎重になりつつあると述べた。

原題:China Property Woes Spark Longest Mortgage Debt Halt Since 2015(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Bloomberg News

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT