ユニクロが挑む野菜、靴に続く「3度目の正直」

"GU"で静かに進む新規ビジネスの実験

ユニクロ事業で鍛え上げられたプロ集団をもってしても、生産管理がままならない農作物事業は成功にいたりませんでした。また、靴は工業製品でしたが少しやり方を間違うと、撤退を余儀なくされる。それが商売です。

辛酸をなめた柚木氏がGU成功の立役者

GU発となる今回のコスメ事業の勝算はいかほどでしょうか。実は過去の苦い経験が礎にあります。野菜事業を手掛けていたエフアール・フーズの社長を務めていたのが現GU社長の柚木治(ゆのき・おさむ)氏です。

野菜事業の失敗を経て、GU社長で成功した柚木治氏

2004年3月。柚木氏が責任を取るべく辞意を表明したところ、柳井氏は「損したお金を返してください」と伝えたそうです。紆余曲折はありますが、柚木氏は2008年にGUの副社長へ就任。そして2010年には社長に就きました。

そこからのGUは大きく変わりました。それまではユニクロの7掛け価格の「普通の商品」というだけのコンセプトのはっきりしないブランドでした。

柚木氏は「トレンドの服は着たい。でもバーゲンでないと高くて買えない。そんな若者にトレンドど真ん中を今すぐ買える価格で提供しよう」というコンセプトをまとめ上げ、その方針に沿って事業を展開。そこからジーユーは急伸します。2014年8月期には276店舗で、売上高1075億円、営業利益68億円という数字をたたき出すほどに成長しました。

野菜事業をたたんだときの特別損失が約8億円。柚木氏はこれをすでに返しているといえるでしょう。文字通り成功法則の模範のごとく、失敗は失敗で終わらせず、成功への大きな足がかりとして、GU事業を成功させたといえます。

過去2回に渡る挑戦では、出資や買収などの手法で進めた新規事業。「3度目の正直」となる可能性のあるコスメは、まずトレンドを売りにするGU事業の中で深く、静かに、慎重に進めながら顧客の動向の様子見をして、ここぞというタイミングを見計らっていると筆者は見ています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング