「アベノミクス」が前例なき政策だった決定的理由 「3本の矢」を掲げて登場した安倍氏に共感を覚えた

印刷
A
A

第2次安倍政権で打ち出されたアベノミクスはどんな効果をもたらしたのか。リフレ派エコノミストである嶋中雄二氏が、当時の政策とその成果を語る。

嶋中氏はアベノミクスが打ち出されたとき、とても共感を覚えたという(撮影:梅谷秀司)

特集「検証 安倍政治とは何だったのか」の他の記事を読む

安倍晋三氏以前にマクロ経済運営で金融政策と財政政策、さらに規制緩和(成長戦略)を一緒にやるという首相はいなかった。

私は、貨幣供給量を重視するマネタリストの経済学者ミルトン・フリードマンの教えを受け、財政出動が有効となるのは金融政策を同時発動したときだと主張していたため、「3本の矢」を掲げ再登場した安倍氏にはとても共感を覚えた。

次ページ「期待」を重視した日銀には誤算もあった
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内