レノボの新CEOが5日に都内で会見。「現状と同規模のR&Dを維持し新興諸国でのシェア拡大に注力する」

米IBM上級副社長(パソコン担当)のスティーブ・ウォード氏が5日、都内ホテルで記者会見を行った。ウォード氏はIBMが今年4−6月期に中国・聯想集団(レノボグループ)へパソコン事業を売却(売却後も20%弱の株式持ち分を維持)することに伴い、新レノボの最高経営責任者(CEO)に就任する予定。
 ウォード氏の主なコメントは以下の通り。
 
■新会社の経営方針としては、イノベーション(技術革新)が重要。指紋認証などの最先端技術を開発してきたが、今後ともR&Dに対し、(これまでIBMとレノボが行ってきたのと)同等の規模の投資を継続していく。

■コモディティパソコンでトップを目指すつもりはない。つまり、デルを抜く、ということは目標にない。企業に対しハイプロダクティビティを提供するような新しいPCでシェアトップを目指していく。また、顧客満足度ナンバーワンも追求していきたい。地域的には、中国、ロシア、インドなど、今後の高成長が期待できる市場においてトップシェアを維持していきたい。

■今回の提携でIBMとレノボの両社はクロスライセンス契約を結ぶ。これは長期的なものだ。また(リース・レンタルなどの)金融サービスに関する提携も結んでいる。レノボが製品を供給し、IBMがサービスを供給する関係。レノボはIBMにとって、もっとも大きなサービス顧客になる。私の考えとしてはこの関係は、(IBMのブランド使用契約の当初の期限となっている)5年目以降も長期的に続くだろうと考えている。
【山田俊浩記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。