「ブロックチェーン」知らないと損する重要背景 記録が改竄できず、ギグエコノミーと違う理由

印刷
A
A
ブロックチェーンの基本から解説します(画像:花火/PIXTA)
近年、話題に上ることが多くなったブロックチェーン。いったいどういうものなのでしょうか。理解するために押さえておきたいこととは?
DAO(分散型自立組織)、NFT(非代替性トークン)、ステーブルコインほか、仮想通貨とWeb3をめぐる最新の動向をアメリカ大手暗号資産取引所の日本代表・千野剛司氏が解説した『仮想通貨とWeb3.0革命』から一部抜粋、再構成してお届けします。

パブリック・ブロックチェーンと
プライベート・ブロックチェーン

ブロックチェーンには、大きく分けて2つの種類があります。パブリック・ブロックチェーンとプライベート・ブロックチェーンです。特に断りのない限り、ブロックチェーン=パブリック・ブロックチェーンのことを指して解説していきます。

パブリック・ブロックチェーン型とは、管理者がおらず、世界中の誰もが許可なくブロックチェーンのネットワークに参加できる仕組みを指します。

採用するのは、ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨やテザーなどのステーブルコインです。そもそもブロックチェーンの起源には金融包摂(フィナンシャル・インクルージョン)という概念があり、国や企業に選ばれた者しか参加できない金融システムではなく、全ての人に開かれた金融システムの構築を目指しています。

対照的にプライベート・ブロックチェーンは、管理者が存在し、ブロックチェーンのネットワークに参加できる人や企業を限定します。例えば、2021年の2月に、三井物産デジタルコモディティーズが金連動の仮想通貨ジパングコイン(ZPG)を発行すると報じられましたが、基盤となるのはビットフライヤーが開発するプライベート・ブロックチェーン「miyabi」です。

また、JPモルガンが発行するJPMコインは、イーサリアム基盤のプライベート・ブロックチェーン「Quorum」を基盤にするステーブルコインです。

次ページマネーロンダリング・テロ組織との関わり
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT