53歳で異業種へ…元NHK看板アナが体験した試練 外される世代と自覚し、新人として飛び込んだ

印刷
A
A

また、転職して医療や福祉の分野で熱心な人たちと関われている充実感。さらに、自分がやるべきことがまだまだたくさんあって、この先の人生が閉じていくのではなく、開いていく景色が想像できる希望があるという。

自分の想いを100%出せることも魅力だそうだ。NHKではチームプレイだったが、ハウスマネジャーの仕事は、対外的な発信や交渉事は基本的にハウスマネジャーの一人プロジェクト。大いにやりがいを感じているという。

(写真提供:新潮社)

内多さんの転職が成功した理由

53歳の新人 NHKアナウンサーだった僕の転職
『53歳の新人 NHKアナウンサーだった僕の転職』(新潮社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

内多さんの転職がうまくいったのは、もしかしたら運が味方をしたのかもれない。また、内多さん自身もみんなに転職を勧めているわけではない。ただ、普段から酒の場も含めて気の許せる仲間とコミュケーションを取りながら、自分の気持ち・現在地と向き合っていたこと。家族や、医療・福祉の関係者に仕事上の本音を言い、仕事に対する思いを“匂わせ”ていたことも大きかったという。

家族は、普段から内多さんの愚痴を聞いていたので受け入れもスムーズだった。気の置ける医療・福祉関係者からも、「NHK愛にあふれているわけではないんだな」と知られていたからこそ、今の仕事につながる新たな情報が入って来た。

そう考えると、周りの情報にアンテナを張ることに加えて、自分からもわかりやすく意思表示をしておくこと。自分の考えや大事にしている思いを声に出して伝えておくことが大切なのだと考えさせられる。つねに動きながら考える。私たちは先を恐れ、深読みし、リスクを恐れて動けなくなりがちだ。しかし、動きながら考え続けて今の生活にたどりついた内多さんから、学ぶことは多いのではないだろうか。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT