稼ぎ頭に"大寒波"、新日鉄住金はどう動く?

大型案件失注に加えて油井管で減損計上

そこに追い打ちをかけそうなのが、昨年後半から進行している原油安だ。特に影響が大きいのは、油田や天然ガス田を掘削するのに使われるシームレスパイプ。旧住友金属系の和歌山製鉄所などで製造しており、年間の生産量は約120万トン。主に中東や欧州、東南アジアなどで使われている。

新日鉄住金の年間5000万トン近い粗鋼生産量からすれば、油井管用シームレスパイプの生産量は微々たるもの。しかし、このうち2割程度は海底油田掘削など、過酷な環境で使用される高強度・高耐食性のハイエンド品だ。技術的に生産が難しいだけに、販売単価は一般の油井管より格段に高く、利益への貢献度も大きい。

中級鋼管が価格競争に直面

油井管の利益貢献度は大きい

そんな稼ぎ頭に誤算が生じている。2007年に旧住金が欧州のバローレック社と合弁で立ち上げたブラジルの鋼管会社VSBは、2011年に操業を開始したものの、現状の稼働率が6~7割と低迷しているのだ。

当初、和歌山製鉄所は超ハイエンド品に集中し、中級品をVSBで生産する計画だった。ところが「シームレスパイプという難しい製品を、いきなりブラジルでやろうとしたことは失敗だった」(新日鉄住金幹部)。

なかなか稼働率が上がらないことに加えて、急速に勢力を伸ばした中国の新興鉄鋼メーカーが続々とシームレスパイプの生産設備を導入。VSBの狙っていた中級の鋼管はたちまち価格競争に追い込まれた。

新日鉄住金は2014年度第3四半期決算で、VSBに出資する800億円程度のうち、9割近くの686億円を減損として計上。通期の純利益は1800億円と、前期比25.8%減に下方修正した(従来予想は同3.0%増の2500億円)。

次ページこの先の見通しは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT