北海ブレントは夏場120ドルがピークで、その後は60~70ドルへ調整《アフリカ・中東政情不安の影響/専門家に聞く》

印刷
A
A


--ガソリン価格などが上がれば、需要も落ちる。

米国のガソリン価格は、昨年12月から1ガロン当たり3ドルを超えてきている。この3ドルという水準は市場心理が変化する分岐点ともいわれ、今後、運転を控え、ガソリン支出を抑える動きが強まる可能性はある。

--08年には140ドル台の高値があった。

当時は余剰生産能力が低かった。米ドル下落との相関関係も強かった。今回は違う。

--日本への影響は。

今のところ、日本への供給途絶が大きく心配される状況ではない。懸念が大きいのは価格の上昇。日本の依存度が高い、サウジやUAEなど主要産油国の輸出価格の指標はオマーンやドバイの原油であり、こうした価格が上昇を続けると、日本経済への影響が大きくなる。
(聞き手:中村 稔 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT