新型「ロードスター」、いち早く乗ってみた!

4代目オープンスポーツの進化に世界が注目

ボディは大断面フレームワークとバックボーンフレームの構築で剛性を高め、前後のサスペンションの剛性も向上させた。一方で、アルミ素材を大胆に採用して、軽量化をはかった

例えば、パワートレイン。エンジン本体の高回転化に加えて、低背圧排気系を採用して、いわゆる「抜けのよいエンジン」にするだけではなく、日常での使い勝手の良さと、上まで伸びる気持ちよさを両立している。

それを支えるボディは剛性を高める一方で、アルミ素材をふんだんに使って軽量化をはかった。カチッとした操作感、サポート感の高いシート、ステアリングホイールからのフィードバックといったすべてをスポーティに作りこむことで、「気持ちのいいドライブ」ができるクルマに仕上げられている。

初代の持つ遺伝子を引き継ぐ

初代が持つ遺伝子を引き継いだまま、4代目ではなく、新生ロードスターとして生み出されたと言っていいだろう。世界中で初めてこのクルマを手に取る世代の若者にとっては、軽快かつスポーティで自分で操れる楽しさを知る機会になるだろうし、すべてのクルマ好きにとって福音となるに違いない。

「CX-5」に始まり、「アテンザ」、「アクセラ」、「デミオ」、「ロードスター」、さらに続く「CX-3」で、マツダのラインナップはほぼ生まれ変わる。わずか4年という短期間でブランド・イメージをがらりと変えた今、販売やサービスといった面をどこまで商品のイメージにあわせて引き上げていくかに注目したい。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT