トヨタ高級ミニバン、「脱ガラパゴス」成るか

圧倒的な強さだが、その強さは国内限定

法人需要のみならず、海外需要もどれだけ拡大できるかが新型のポイントになる

さらに、今回の新型車で狙うのは法人需要の拡大だ。豪華な内装、広い室内空間、スライドドアの乗降のしやすさなどはエグゼクティブの移動にも適している。 旧モデルで2割だった法人需要の比率は、「さらに増えるだろう」と製品企画本部本部長の吉田守孝専務役員は期待を寄せる。

新型では航空機のビジネスクラスのようなシートを搭載した最上級グレード「エグゼクティブ ラウンジ」を設定しており、事前受注では約1割にあたる2000台がこのモデルだった。

海外販売の拡大を強化

2014年は登録車(軽を除く)販売の上位10車種にミニバンが3車種(5位ヴォクシー、9位セレナ、10位ノア)入ったように、日本ではミニバンが人気カテゴリーとしての地位を確立している。一方、「米国のバンはもっと大きい。ミニバンで高級なスライドドアというのは日本独特」と吉田専務が認めるように、ある意味”ガラパゴス“商品といえる。

実際、アルファード、ヴェルファイアの旧モデルは東南アジアや中国、中東などへ輸出してきたが、それほど数が出ているわけではない。製品企画本部の吉岡憲一主査は新型車について、「これまでよりグローバルな目線で開発した」と説明する。具体的には、道路事情が日本ほど良くない海外でも使いやすいといったことも考慮し、サスペンションやタイヤサイズを選択しているという。吉田専務も「アジアではかなり高く評価されてきているし、アジア向けは強化していきたい」と意欲を見せる。

独壇場の国内販売に加えて、海外でどれだけ存在感を高められるか。法人需要の開拓のみならず、脱ガラパゴスが高級ミニバンのポイントとなりそうだ。

(撮影:梅谷秀司)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。