永守重信・日本電産社長--365日、朝から晩まで母に教わった全力疾走(上)


 あらためて柳井が言う。「永守さんは若いときの志がまったく変わっていない。先生であり、同志であり、そしてライバルだと思う」。

永守も兄弟2人に畏敬の念を抱いている。「柳井さんは中国で賃上げストが広がっても、気にしない。関係ないだろう、とバーンと出て行きよる」。時価総額200兆円へ邁進する孫の迫力も圧倒的だ。「孫さんがほら吹きの大学生、柳井さんが高校生なら、僕は小学生や」。

兄弟2人に闘争心をビシバシ刺激され、永守はまた燃えるのである。

夫人も困惑する猛烈ぶり 経営人生最大のピンチ

永守は言い切る。「365日、朝から晩まで、ずっと燃えている」。それも、創業以来ずっと、だ。

1973年に仲間と4人でスタートした日本電産は、今やグループ会社140社、社員総数10万人に膨れ上がった。小型・高効率のブラシレスモーターをメインに、HDD(ハードディスク駆動装置)用モーターで75%の世界シェアを握る。

成長のバネは、30件にも上るM&Aだ。永守の手にかかると、“死に体”企業が瞬く間によみがえる。しかも、生首はいっさい切らない。永守マジックの到達点=10年度の売上高7000億円、営業利益1000億円(会社計画)。元祖ベンチャー企業は大企業へ変貌した。

が、大企業になっても、永守は変わらない。ネアカであること。極限のハードワーカーであること。

脱サラし、起業した時点で永守は手痛い挫折を経験している。10人はついてくると思ったが、行動を共にしたのは半分以下。「応援する」と言ってくれた取引先も全部、逃げた。これが世間というものか。が、すぐに前を向くのが、永守だ。

「机は必ず南向き。太陽に向かって座ると決めているわけ。6年間のサラリーマン時代も、その方針を貫いたわけですよ」

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。