無名のメガネ捕手、古田が殿堂に入ったワケ

「メガネ男はプロじゃ無理」を覆した反骨心

「〝ホントですか?ウソじゃないでしょうね〟と言うんだ。心では思っても、なかなか言えないよ。スカウトに面と向かって〝うそじゃないでしょうね〟なんて。まさに捕手の性格。しかも堂々と言った。相当なもんだと思ったね」

猜疑心は一流捕手の条件のひとつ。二度惚れした片岡さんはメガネで尻込みする現場の声を抑え込み、約束通り2位指名を実現したのである。

古田さんは晴れて入団したヤクルトで野村克也監督と出会い、「ID野球」を徹底的に叩き込まれる。「怒られることがいっぱいあって、ついていくのがやっとだった。要求がどんどん高くなって厳しかったけど、今があるのは監督のおかげです」

捕手だけの評価で殿堂入りは野村、古田両氏のみ

恩師はヤクルト監督就任前年の1989年に殿堂入りしている。捕手出身ではその後、2001年の根本陸夫さん、2003年の上田利治さん、2005年の森祇晶さんらが殿堂入りしているが、いずれも監督やチーム編成としての手腕を評価されての栄誉。純粋に捕手としての評価で殿堂入りしたのは、野村さんと古田さんの師弟コンビだけである。

 いや、古田さんにはもうひとつの評価があった。近鉄とオリックスの合併に端を発した球界再編に揺れた2004年、日本プロ野球選手会長として12球団の選手をまとめ、ストライキを敢行し、一部オーナーが進める「8もしくは10球団による1リーグ制」への流れを食い止めた。「球団を減らすのは危険な行為だと思っていました。多くの人に迷惑をかけることになったけど、ファンの皆さんに答えていただき12球団を維持することができました」

野茂英雄さんがゲストスピーチをしてくれた殿堂ホールから隣接する東京ドームホテルに移動して開かれた小宴には、選手会の松原徹事務局長が駆けつけてくれた。

「おめでとうございます。こんなにうれしいことはありません」。11年前、ともに闘った仲間に祝いの言葉をもらった古田さん。反骨心と強い意思が宿るメガネの奥が、このときばかりは無防備に緩んだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT