フランス式「言論の自由」は、普遍的ではない

パリ政治学院教授に聞く「文化と歴史」

──事件後のムスリムたちへの影響は?

テロ防止のために、政府はムスリムたちと戦う方向に向かうだろう。フランス共和国の価値観に合わせることができるか、できないか。合わせることができなかったら、テロリスト予備軍と見なされる。ムスリムたちのほとんどが旧植民地からの移民やその2-3世なので、さらに視線は冷たくなる。

──視線が冷たい?

そうだ。14日、全国放送のラジオの朝の番組で、有名なメディア経営者が「現実を直視しよう。現在のフランスで、問題はムスリムだ」と発言した。「すべてのムスリムがテロリストではないが、すべてのテロリストはムスリムだ」。ここでもし「問題はユダヤ人だ」などとラジオなどで言えば、大問題。デュドネが12年前に反ユダヤ的発言をしたら、全てのメディアから干された。しかし、ムスリムについてならこんなことをラジオで言っても罰せられない。

ムスリムの存在自体、見えにくくなっている。宗教別の統計を取ることは違法になっているので、正式には人口のどれぐらいがムスリムかは分からない。私は10%(600万人)と思っているが。

ムスリムにはテロリストというレッテルを貼ることができる。フランスがドイツ占領下の第2次大戦中にユダヤ人の居場所を当局に通報したように、「隣人がテロリストだ」と言って、アラブ人たちを特定の地域に押し込めるかもしれない。過去にフランスはそういうことをやったし、今度もやるだろう。

国民戦線のルペン代表が支持率を伸ばせば、2017年の大統領選で勝利する可能性もゼロではないのではないか。

繰り返されるムスリムへの侮辱

──14日に、シャルリ・エブドが事件発生以来初めての号を出した。イスラム教の預言者ムハンマドと思しき人物が「私はシャルリ」と書かれたカードを持っている。その上に「すべては許される」と書いている。どのような意味に受け取ったか。

私の個人的な解釈だが、キリスト教的なムハンマドだなと思った。「テロ行為を行った人を許す」という意味に見えた。シャルリの表現を支持し、かつテロ犯を許す、と。

キリスト教から見たイスラム教のイメージに見えた。もしキリスト教徒の教会が攻撃されたなら、イエス・キリストの最初の弟子ペテロが同じことを言ったかもしれない。シャルリの風刺画家はこれを知りながら、キリスト教的な考えをムハンマドに言わせたのではないか。

いずれにしても、ムスリムにとって大きな侮辱であることに変わりはないと思う。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT