アンディ・ウォーホル「マリリン」が250億円で落札 アメリカ人アーティストの作品で史上最高価格

印刷
A
A

ポップアートの巨匠、アンディ・ウォーホルが58年前に制作したハリウッド女優マリリン・モンローの肖像画のシルクスクリーン作品が9日のクリスティーズでのオークションで1億9500万ドル(約250億円)と、米国人アーティストの作品としては史上最高価格が付いた。

20世紀の美術品としても過去最高であり、全ての時代を通してもレオナルド・ダビンチ作品の4億5000万ドルに次ぐ額となった。オークションは1億7000万ドルで終了し、クリスティーズの手数料を含めた落札代金は1億9500万ドルとなった。

「ショット・セージブルー・マリリン」と題された同作品はチューリッヒのトーマス・アンド・ドリス・アマン財団がオークションに出品。収益は全て同財団に属する。財団は医療・教育プログラムに注力している。

「ショット・セージブルー・マリリン」のオークション計画発表の場で写真を撮るゲスト(2022年3月)Photographer: Dia Dipasupil/Getty Images North America

原題:

Warhol Marilyn Sells for $195 Million, Most Ever for U.S. Artist(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:James Tarmy、Chris Rovzar

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT