多くの現代若者が苦しむ「望まぬ孤独」悲痛な実態 「消えたい」「死にたい」という声が途切れない

印刷
A
A
苦しいのに声を上げられない若者が多くいます(写真:Graphs/PIXTA)
消えたい、死にたい……。若い世代のそんな声が消えない。1990年代後半から2000年代生まれの若者「Z世代」からは相談が途切れない。NPO法人「あなたのいばしょ」理事長の大空幸星さん(23)は、その実態を誰よりも知る1人だ。インターネットを利用した無料・匿名のチャット相談を設けて2年。彼らは何を訴えているのか。大空さんに聞いた。

NPO法人「あなたのいばしょ」は2020年3月の発足と同時に、「あなたのいばしょチャット相談」を始めた。365日・24時間の対応で、相談する側は名乗る必要もない。

相談員は2022年3月末時点で約600人。20代から60代まで幅広く、全員がボランティアとして協力をしている。24時間の対応を可能にするため、海外在住者の協力も得ているほか、医師や臨床心理士などの専門家も参加している。開設からの2年あまりで相談件数は28万件近くに達した。

日本社会での「孤独」の現状は深刻だ。心の病気で病院に通ったり入院したりしている人は約419万人。児童虐待の通報は年間約19万件。性暴力被害者のうち警察に相談できていない人は96%。さらに、一時よりは減ったといえ、自殺者も年間約2万人に達している。とくに10~39歳では死因の1位が自殺。先進7カ国(G7)の中で、15~34歳の死因1位が自殺なのは日本だけだ。

「あなたのいばしょ」はそうした背景に“望まない孤独”があると考えている。誰かに話したいのに話せない、頼りたいのに頼れない。相談相手との出会いは奇跡か偶然しかない――。それを根本から変えるのが、自らに課した大空さんのミッションだという。

社会に積極的に声を上げられる若者は一部

――Z世代はいま分断が起きている、と大空さんは話しています。いま、若者の現場で何が起きているのでしょうか。

「命を絶ちたい」「オンライン授業を聞いているとき、何もしていないのに勝手に涙がでてくる」「オフラインで学校になかなか通えていないので、学校に頼れる人がいない」「実家にも帰れない」……。

自殺や虐待に関する声が、ひっきりなしに相談窓口に届いています。コロナ禍でアルバイト収入が減り、学校の授業やイベント行事などにも十分に参加できない。そんな現状が彼らを苦しめています。これまで頼れる人がいなかった若者が、コロナ禍でさらに誰にも頼れなくなっているのです。

10~20代の中には、同世代の政治参画を促したり、気候変動の問題について一緒に取り組もうと誘ったり、社会に対して積極的に声を上げられる人もいます。けれども、そんな余裕がある人って一部なんですよ。

次ページ声を上げられる人と上げられない人で分断が起きている
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT