中国パネル大手「BOE」が世界シェア首位に躍進 2021年の売上高が4兆円突破、純利益は5倍増

印刷
A
A
BOEは有機ELパネルでも韓国メーカーを猛追している。写真は同社製のフレキシブル有機ELパネル(BOEのウェブサイトより)

中国のディスプレーパネル最大手の京東方科技集団(BOE)は3月30日、2021年の通期決算を発表した。それによれば、売上高は前年比61.79%増の2193億1000万元(約4兆2072億円)に達し、初めて2000億元(約3兆8368億円)の大台を突破した。純利益は前年の5.12倍の258億3100万元(約4955億円)と、大幅な増益を記録した。

好業績の要因についてBOEは、2021年を通じてパネル業界の景気が活況だったことを挙げた。同社のパネル製品の販売量は、2021年は出荷数量ベースで前年比9%増加、パネルの面積ベースでは同37%増加した。また、販売価格の上昇を背景に、パネル事業の粗利益率は前年の18.34%から26.36%へ大きく改善した。

市場調査会社の群智諮詢のデータによれば、BOEはグローバル市場での2021年1月から9月までのシェアが20.5%に達し、韓国のサムスン電子を抜いて業界首位に躍り出た。

BOE自身も決算報告書のなかで、自社のパネル事業の市場シェアがスマートフォン、タブレット、ノートパソコン、汎用ディスプレー、テレビの主要5分野ですべてトップに立ったと胸を張る。

アップルの「iPhone 13」も採用

とはいえ、最先端技術を要する有機EL(OLED)パネルに関しては、韓国メーカーが依然リードを保っている。群智諮詢のデータによれば、2021年のフレキシブルOLEDパネル市場ではサムスンが50%を超えるシェアを握っていた。

もちろん、BOEは韓国勢に追いつこうと挑戦を続けている。決算報告書によれば、同社の2021年のOLEDパネル生産量は前年比59%増加した。BOEのスマートフォン向けOLEDパネルは、すでにアップルの「iPhone 13」を含む多数のスマホ・メーカーのハイエンド機種に採用されている。

本記事は「財新」の提供記事です

パネル業界は2020年から2年連続で好況を謳歌してきたが、2022年は需給バランスが緩和に向かい、パネルメーカーの経営環境は厳しくなると予想されている。

BOEの決算報告書からは、すでにその兆しが見て取れる。同社の説明によれば、2021年7~9月期から(パネルが組み込まれた)ディスプレー製品の需要が減速。原材料の値上がりや物流コストの上昇などがそこに重なり、(スマホメーカーやテレビメーカーなど)パネルの需要家の生産計画に影響が生じているという。

(財新記者:翟少輝)
※原文の配信は3月31日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT