東証プライム市場の上場基準は「抜け穴だらけ」 「プライム落ち」よりヤバい「ゾンビ・プライム」

印刷
A
A

基準に達していなくても「プライム」に上場できる不思議。しかも、経過措置には期限もない。

2022年4月4日から東京証券取引所では新しい市場区分になる(撮影:梅谷秀司)

特集「東証プライム銘柄の真贋」の他の記事を読む

「機関投資家の投資対象になりうる時価総額を持つ企業の市場」──。これが4月4日から始動した東証プライム市場のコンセプトだ。だが、その理念に対し現実は程遠く、多くの機関投資家が怒りを通り越して失望しているのが実情だ。

プライム市場には、時価総額がわずか27億円(3月25日時点)の企業でも上場できる。プリント基板の製造受託、ピーバンドットコムだ。トヨタ自動車の同35兆円と比べ、1万分の1以下である。

投資の対象にならない

下の図はプライム市場と米ニューヨーク市場の上場企業の時価総額分布を比較したもの。プライム市場で最も多いのは時価総額が100億~250億円の企業。全体の約2割を占める。一方、ニューヨーク市場で100億~250億円程度の企業は1割に満たない。

「最低でも1000億円程度の時価総額がないと投資対象にならない」と複数の機関投資家は不満をこぼす。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内