転職求人倍率がリーマン・ショック以前の水準まで回復

転職求人倍率がリーマン・ショック以前の水準まで回復

2010年12月の転職求人倍率は、1.28倍で、08年8月以降、2年4カ月ぶりに1.2倍台まで回復。09年4月の0.68倍を底に上昇を続け、リーマン・ショック以前の水準まで回復した。

新卒採用マーケットも追随か

人材ビジネスのインテリジェンスが2010年10~12月に転職求人倍率を発表した。それによると10月が1.12倍、11月が1.13倍、12月が1.28倍。7月以降、1倍超が6カ月間続いている。

業種別の求人倍率を見ると、12月は「メディカル」が3.20倍で最も高く、次いで、「IT/通信/インターネット」(1.66倍)、「メーカー」(1.32倍)と続く。ソーシャルネットワーキングサービス関連企業に加え、フラッシュマーケティング企業を含む「メディア」(0.81倍)の回復も顕著だ。

DODAの美濃啓貴編集長は「11年は、新卒の採用活動が一段落する3月末~5月にかけて、新たな求人が出てくる見通しです。今年の転職マーケットのキーワードは、語学力。グローバル化は加速度的に進行しており、営業職、企画・事務職、技術職と、いかなる職種であっても、専門知識に加え、語学力を備えた人材が求められます」という。

また、「新卒採用は中途採用より半年から1年遅れる」(インテリジェンス高橋広敏社長)との見方もあり、就職氷河期と呼ばれる新卒採用マーケットの状況も注目される。

(東洋経済HRオンライン編集長:田宮寛之) 

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT