有料会員限定

リモート化で地域格差が地方にも広がるか 東京脱出組による地方の「東京化」

印刷
A
A

リモートワークの一般化によって、一部のビジネスパーソンが東京を脱出しているという。筆者の周囲でも何人かが地方に転居した。話を聞くと、高い家賃と長い通勤時間から解放されて快適そうだ。

こうした動きが主流となるかはわからない。もしそうなった場合、社会にどういった影響を与えるのだろうか。

社会学者である早稲田大学教授の橋本健二氏は近著『東京23区×格差と階級』で、東京23区について「労働者の階級や収入と、彼らが居住する地域とは100年以上にわたり密接に結びついてきた」と指摘する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内