ミニストップ「強気の新契約」に募る加盟店の不安 9月から「脱コンビニ会計」の契約運用始まるが・・・

印刷
A
A
ミニストップは9月から、新しいフランチャイズ契約へと順次移行する(記者撮影)

特集「コンビニの袋小路」の他の記事を読む

「不可能なことを平気で言っている。これは夢物語だ」――。

吐き捨てるようにそう話すのは、コンビニ業界4位・ミニストップの加盟店オーナーだ。不満の矛先は、ミニストップが導入する新たなフランチャイズ契約に向けられている。

新契約への切り替えは9月から順次始まる。しかし加盟店側の手元に残る利益を増やすことが容易ではなさそうだとわかると、この加盟店オーナーの落胆の色は濃くなった。

業界の注目を集めた新契約

新契約の概要が発表されたのは2020年9月のこと。大手コンビニの常識を覆す内容だと、業界からは大きな注目を集めた。

当時、ミニストップの藤本明裕社長は「(創業以来)40年間、適切な契約の改正をしてこなかったと反省している」、「われわれが考えているのは、いわゆる『コンビニ会計』からの脱却だ」と述べていた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内