車谷体制「突然の終止符」の先に待つ混沌 アクティビストとの対立の果てに

印刷
A
A

経営再建の進捗に自信を見せていた車谷社長が突如“辞任”。東芝はどこへ向かうのか。

東芝のトップに再登板する綱川智氏。退任する車谷暢昭氏は会見に現れなかった(写真:東芝)

特集「東芝漂流」の他の記事を読む

モノ言う株主(アクティビスト)とのごたごたの末、東芝の車谷暢昭社長兼CEO(最高経営責任者)がついにその座を追われた。

同社は14日に臨時取締役会を開き、車谷氏の社長・CEO退任と、後任に綱川智会長が就任することを決めた。オンライン会見で綱川氏は「(車谷氏が策定した)東芝ネクストプラン(中期経営計画)の方向性は変わらないが、マーケットの状況などにより適宜見直す。プランができ次第報告する」と語った。会見の場に車谷氏の姿はなく、代わりにコメントが読み上げられた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内