激しさ増す東芝vsモノ言う株主の対立 要請受け臨時総会を開催

印刷
A
A

モノ言う株主の要請で開かれる臨時株主総会。焦点は何か。

6月の定時株主総会で、その信任が焦点となる東芝の車谷暢昭社長兼CEO(撮影:大澤 誠)

東芝が3月18日に開く臨時株主総会を前に、大株主とのつばぜり合いが激しさを増している。

シンガポールの投資ファンドで筆頭株主のエフィッシモ・キャピタル・マネジメントと、米国のヘッジファンドで第2位株主とみられるファラロン・キャピタルが、昨年7月の東芝の定時株主総会の議決権行使などの経緯や成長戦略のあり方をめぐって調査や要求を強めているからだ。

昨年の株主総会では、集計作業をした三井住友信託銀行が事前に郵送された1000通以上の議決権行使書を無効扱いにしていた。また、ロイター通信などによると、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の最高投資責任者などを務めた水野弘道氏が昨年の株主総会前に、東芝の株主であるハーバード・マネジメントに対し、会社側の意にそぐわない形で議決権を行使した場合、改正外為法に基づく調査の対象になる可能性があると干渉していた。これについて、エフィッシモは第三者委員会による原因究明などを求めていた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内