消える「第3のエアライン」 エアアジア・ジャパンが経営破綻

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小

ANA・JAL以外の勢力が消滅、日本の「空」を問い直す機会となるか。

エアアジアは世界的LCCグループだが、2度にわたる日本市場参入は失敗(撮影:尾形文繁)

特集「航空異変」の他の記事を読む

日本航空(JAL)やANAホールディングスが巨額赤字を計上する中、LCC(格安航空会社)のエアアジア・ジャパンが11月17日、東京地方裁判所に破産手続き開始の申し立てを行った。新型コロナウイルスの影響により航空会社が経営破綻する、日本で初めてのケースとなった。

エアアジア・ジャパンは12月5日をもって全路線を廃止することを決めていた。「事業を継続することは極めて困難であると判断し、事業を廃止するという苦渋の決定をいたしました」。エアアジア・ジャパンの会田純COO(最高執行責任者)のコメントには悲壮感が漂っていた。

同社には、事実上の親会社であるマレーシアのエアアジア・グループが33%出資しているが、コロナ禍がエアアジア本体を直撃した格好だ。

世界屈指のLCCグループであるエアアジアにとって今回は2度目の日本撤退となる。同社は2012年、国内最大手の全日本空輸(現ANAホールディングス)との合弁で日本に参入した。しかし、経営方針をめぐってすれ違いが生じ、搭乗率も苦戦気味だった。その結果、参入からわずか1年で撤退に追い込まれた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内