有料会員限定

浮上の手応えまだ見えず 正念場業界2|エアライン

印刷
A
A
ANA、JALともグループ外企業への出向など、あの手この手で余剰人員の雇用維持を図る(撮影:梅谷秀司)

特集「対コロナ、2年目の闘い」の他の記事を読む

新型コロナウイルスの影響で旅行者が減り始めてから約1年、いまだに航空業界は低空飛行のままだ。

10月の国内線旅客数は、ANAホールディングス、日本航空(JAL)ともに約170万人と、前年同月比で50%前後減少。国際線に至っては同約3万人と95%超の減少で、コロナ禍の発生により需要が蒸発している。

航空ビジネスは人件費や機材関連費などの固定費が重いため、売り上げの急減が大赤字を招く。ANAの2020年4~9月期決算は営業損益が2809億円の赤字(前年同期は788億円の黒字)。同期のJALも本業の儲けであるEBIT(国際会計基準の利払い前・税引き前損益)が2239億円の赤字(前年同期は829億円の黒字)に終わった。2社の21年3月期通期決算も、ANAの営業損益が5050億円の赤字、JALのEBITが最大3800億円の赤字と凄惨な数字が見込まれる。

コロナ直前の航空業界では、ANAがJALの得意とする路線に大攻勢を仕掛けていた。19年5月、JALが最大シェアを握る日本─ハワイ線に、ANAは520席と世界最大規模を誇る欧エアバスA380を導入した。20年1月には、JALと豪カンタス航空の連合が最大シェアを誇るオーストラリア路線の攻略へ向け、豪ヴァージン・オーストラリア(VA社)と提携。さらに日本の航空会社ではJALのみが運航してきたロシア線にも同年3月、ウラジオストク路線を開設して参入した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
対コロナ、2年目の闘い
就職・採用
商社
業界トップ企業交代へ|インタビュー/伊藤忠商事 社長COO 鈴木善久
石油
鉄鋼
電力ビジネス
不動産・ゼネコン
マンション
鉄道
デジタル事業部を新設|インタビュー/三菱UFJフィナンシャル・グループ 社長 亀澤宏規
生保・損保
日本郵政グループ
証券
銀行
医療
化学
物流
日用品
化粧品
スーパー
ドラッグストア
コンビニ
メディア
ベンチャー
DX(デジタルトランスフォーメーション)
EC・決済
通信
携帯料金
DXの可能性と課題|インタビュー/GMOインターネット 会長兼社長グループ代表 熊谷正寿
IoT時代の電子部品|インタビュー/TDK 社長 石黒成直
ゲームソフト
半導体
電機
カメラ
電動化への対応待ったなし|インタビュー/コマツ 社長兼CEO 小川啓之
ロボット・工作機械
自動車
トップ人事の行方
トップ在職が長い会社
コロナ禍の外食の行方|インタビュー/鳥貴族 社長 大倉忠司
交通・都市開発への影響|インタビュー/東急 社長 髙橋和夫
正念場業界4|外食
食品・飲料
正念場業界3|アパレル
百貨店
正念場業界2|エアライン
正念場業界1|ホテル・レジャー
テーマパーク
四季報担当記者が予想する
国内企業
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内