「大赤字」ANAとJALの格差 財務データの比較で違いがわかる

印刷
A
A

コロナ禍で2021年3月期は大赤字に転落するエアライン大手のANAホールディングス(ANA)と日本航空(JAL)。JALは最大2700億円の最終赤字を見込むが、ANAはそれの倍近い5100億円の最終赤字見通しを出している。

特集「航空異変」の他の記事を読む

もともと事業環境が激変するまで、規模に劣るJALのほうが利益は上だった。これは、JALが経営破綻後のリストラや不採算路線からの撤退、調達管理の強化などから採算性を高めたからだ。

攻めてきたANA、手堅くきたJALーー。コロナが発生する前まで、2社の違いはこう表現できる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内