黒字宣言のANA、予想を控えたJAL 巨額赤字を経て対応二分

印刷
A
A

巨額赤字に沈んだANAとJAL。2021年度の見通しをどう出すかで対応が大きく分かれた。それぞれのスタンスの違いを読み解く。

航空需要の激減で大赤字に沈んだANAとJAL。黒字浮上を先に果たすのはどちらか(撮影:尾形文繁)

特集「航空異変」の他の記事を読む

コロナ影響で航空需要が激減し、今なお回復の展望が不透明な中、2021年度の業績見通しで両社の対応が大きく分かれた。ANAホールディングスは黒字予想を出し、日本航空(JAL)は業績予想の開示を見送ったのだ。

JALよりも先に4月30日に決算発表を行ったANAは、2021年度に売上高1兆3800億円(前期比89%増)、営業利益280億円(前期は4647億円の赤字)という予想を出した。巨額の赤字から一転、黒字化のV字回復シナリオを描く。

この計画は独自の需要予測に基づいている。最大のポイントは、今年夏以降の国内線で急回復をみているところにある。

次ページANAの需要前提には届かない
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内