有料会員限定

Go To頼みの集客に限界 正念場業界1|ホテル・レジャー

印刷
A
A

「リーマンショックのときも、大震災でも、これほど需要が落ち込んだことはなかった」。業界幹部は落胆を通り越し、あきれ気味に語る。

ホテル業界を襲ったコロナ禍は未曾有の衝撃だ。4月に発令された緊急事態宣言を機に多くのホテルが休業に追い込まれた。宿泊者同士の接触を避ける感染防止策を講じて再開にこぎ着けるも、「第2波」で7月以降に感染者数が増え始めると、積み上がった予約はキャンセルの嵐となった。

各社とも、4〜9月期の業績は厳しい。帝国ホテルは75億円、ロイヤルホテルは47億円、藤田観光は111億円の最終赤字となった。宿泊が落ち込んだこともあるが、自粛によって収益源である法人の宴会需要が吹き飛んだ。固定費の負担を吸収できず、大幅な赤字になっている。

特集「対コロナ、2年目の闘い」の他の記事を読む

当然ながら宿泊に特化したビジネスホテルも厳しい。そもそも供給過剰が指摘されていた中、稼働率は一気に落ち込んだ。

臨時休業に加え、Web会議やテレワークの普及で出張需要が急激に縮小した。さらには、これまで成長を牽引してきた訪日客需要が蒸発し、都市部では観光の目的となるイベントや音楽ライブなども相次いで中止、延期となった。メインであるビジネスのみならず、観光・レジャー需要まで激減する苦しい結果となっている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
対コロナ、2年目の闘い
就職・採用
商社
業界トップ企業交代へ|インタビュー/伊藤忠商事 社長COO 鈴木善久
石油
鉄鋼
電力ビジネス
不動産・ゼネコン
マンション
鉄道
デジタル事業部を新設|インタビュー/三菱UFJフィナンシャル・グループ 社長 亀澤宏規
生保・損保
日本郵政グループ
証券
銀行
医療
化学
物流
日用品
化粧品
スーパー
ドラッグストア
コンビニ
メディア
ベンチャー
DX(デジタルトランスフォーメーション)
EC・決済
通信
携帯料金
DXの可能性と課題|インタビュー/GMOインターネット 会長兼社長グループ代表 熊谷正寿
IoT時代の電子部品|インタビュー/TDK 社長 石黒成直
ゲームソフト
半導体
電機
カメラ
電動化への対応待ったなし|インタビュー/コマツ 社長兼CEO 小川啓之
ロボット・工作機械
自動車
トップ人事の行方
トップ在職が長い会社
コロナ禍の外食の行方|インタビュー/鳥貴族 社長 大倉忠司
交通・都市開発への影響|インタビュー/東急 社長 髙橋和夫
正念場業界4|外食
食品・飲料
正念場業界3|アパレル
百貨店
正念場業界2|エアライン
正念場業界1|ホテル・レジャー
テーマパーク
四季報担当記者が予想する
国内企業
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内