日野自動車を襲う焦燥感、38年ぶりにトラック首位が交代 


 日野は昨年末に59・7億円をかけて、茨城県古河市に工場用地を取得。海外輸出を担うマザー工場の設立に向けて動き出している。11年の世界販売台数計画は12万台に設定。08年の10・9万台を上回り過去最高を目指す。さらに15年には20万台まで引き上げるなど野心的だ。

だが、海外展開で先行する三菱ふそうは、親会社の独ダイムラーとともに小型車を世界40カ国以上で展開。いすゞも平均価格を2割下げ、現地生産を前提とした低価格車の投入準備を進めている。

はたして出遅れた海外展開で巻き返せるのか。国内首位陥落からの次の一手が注目されている。

◆日野自動車の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(松浦 大 =週刊東洋経済2011年1月22日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT