「地球温暖化への危機感がいっそう増している」 気候変動イニシアティブ 末吉竹二郎代表

✎ 1〜 ✎ 43 ✎ 44 ✎ 45 ✎ 最新
拡大
縮小
「グリーンリカバリーの流れを日本もしっかりキャッチアップしていく必要がある」と語った末吉氏。写真は2019年(撮影:今井康一)

特集「アフターコロナの岐路」の他の記事を読む

「脱炭素化」の機運はここ数年、世界中で高まっている。干ばつや大洪水といった自然災害が猛威を振るい、その一因と考えられる温暖化効果ガス排出量の削減が求められている。
石油や石炭など化石燃料に依存した経済活動や消費行動を抜本的に見直すことは、もはや待ったなしの状況だ。企業にとっても、気候変動問題に取り組むことは、経営の重要課題として語られるようになった。
そうした中、新型コロナが直撃。パンデミックで世界経済が急激に悪化した。コロナ後に、脱炭素化の潮流は変わるのか。2018年に発足した、脱炭素社会実現を目指すネットワーク「気候変動イニシアティブ(JCI)」の代表を務める末吉竹二郎氏に聞いた。

コロナ危機と気候危機はトレードオフではない

──新型コロナで世界経済が混乱を来しました。これで気候変動問題の位置づけは変わったのでしょうか。

結論から言えば変わっていないどころか、いっそう危機感が増しているというのが現実だ。

地球温暖化問題は長期的、かつ構造的な変化の話だ。コロナが起きようが起きまいが温暖化は着実に進行しており、危機的状況はどんどん進行している。これは日本の政府や企業が気候変動対策を考えるときに、まず念頭に置いておかないといけない事実だ。

6月末に行われたフランスの統一地方選挙(決選投票)では、先進的な環境政策を掲げる緑の党が大躍進した。これは欧州議会、ドイツの国内選挙などの流れを受け継ぐものだ。環境推進派のアンヌ・イダルゴ・パリ市長も、大臣経験者を破って7月に再任した。コロナ危機でも、気候危機を脇に追いやってはいけないという、フランス国民の強い意志の表れだろう。

──コロナ危機と気候危機の両方に、同時に対策を打てますか?

実は、気候危機とコロナの感染拡大対策は、トレードオフの関係にはない。

2つの危機は根っこでは、同じ問題を引き起こしている。それは人間社会が自然界との付き合い方を間違えてしまったということだ。その結果が温暖化、貧困、水、感染症問題といった形で顕在化している。

どの危機も本当に被害を受けるのは、一般の人々だ。こうした人たちに社会構造の一部分を担ってもらっていたからこそ、社会が成り立っていた側面もある。今度のコロナ危機でも一目瞭然だと思う。病院関係者や警察、消防、レストランで働く人たちが頑張っていたから社会が成り立っていた。そして、彼ら自身もコロナ問題に直面する当事者であることを忘れてはいけない。

現在、日本を含めて世界ではコロナ対策として1200兆円ぐらいの財政出動が計画されている。これだけの額の財政出動はそうそうない。より効率的な財政出動にするためには、コロナ対策と気候変動対策と両方に効いてくるような形にする必要がある。

例えば、ヨーロッパを中心にした国々は、「(経済の復興と脱炭素社会への移行を両立させる)グリーンリカバリーこそ大事だ」との旗印を下ろさずに、コロナに向き合おうとしている。日本も大規模な財政出動を行うが、気候危機への意識が十分とは言い切れない。ヨーロッパ各国と日本とでは、5年、10年、そして20年経ったときに気候危機対策に歴然とした差がつく。グリーンリカバリーの世界的な流れを日本もしっかりキャッチアップしていく必要がある。

──2018年にJCIを設立したきっかけは何だったのですか。

次ページヨーロッパのグリーンリカバリー
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アフターコロナの岐路
アフターコロナの岐路
スペシャル・インタビュー
「これを乗り越えれば観光業の“勲章"になる」
星野リゾート 星野佳路代表
「われわれにとって、すべてがいい方向に動いている」
ワークマン 土屋哲雄専務
「自動車用鋼板のチャレンジに終わりはない」
東京製鉄 西本利一社長
「国内線を増やすなら今しかない」
ピーチ・アビエーション 森健明CEO
「ゼネコンの枠にとらわれず、ポートフォリオを変える」
大林組 蓮輪賢治社長
「大箱の超高層都市は終わり、自然との一体型へ変わる」
建築家 隈研吾
「GAFAはパートナー、中小企業のデジタル化を支援していく」
リコー 山下良則社長
「働き方を変えないと、生き残れない」
日立製作所 中畑英信 CHRO
「半導体のモノ売りからコト売りを広げていく」
ソニーセミコンダクタソリューションズ 染宮秀樹 執行役員
「『疑似資本』ローンで企業の再建を促したい」
横浜銀行 大矢恭好頭取
「地銀から『地域価値創造会社』に生まれ変わる」
山口フィナンシャルグループ 吉村猛会長兼CEO
「家を快適にすることにお金を使う人が増える」
LIXILグループ 瀬戸欣哉CEO
「小売業は“黄金の方程式"が通用しなくなる」
日本オムニチャネル協会 鈴木康弘会長
「回転ずしは続く。“空いた場所"を取りに行く」
スシローグローバルホールディングス 水留浩一社長
「国全体の『フレックス化』を考えよう」
工業デザイナー 水戸岡鋭治
「百貨店ならではのデジタル化の道筋がある」
エイチ・ツー・オー リテイリング 荒木直也社長
「ベンチャーは少しの判断の遅れで“死ぬ"時代に」
LayerX 福島良典CEO
「出版界が廃れる前に、合従連衡の心構えを」
紀伊國屋書店 高井昌史会長兼社長
「外食の値上げは許せないという意識を変えてほしい」
クージュー 松田公太 CEO
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内