「地球温暖化への危機感がいっそう増している」 気候変動イニシアティブ 末吉竹二郎代表

印刷
A
A
「グリーンリカバリーの流れを日本もしっかりキャッチアップしていく必要がある」と語った末吉氏。写真は2019年(撮影:今井康一)

特集「アフターコロナの岐路」の他の記事を読む

「脱炭素化」の機運はここ数年、世界中で高まっている。干ばつや大洪水といった自然災害が猛威を振るい、その一因と考えられる温暖化効果ガス排出量の削減が求められている。
石油や石炭など化石燃料に依存した経済活動や消費行動を抜本的に見直すことは、もはや待ったなしの状況だ。企業にとっても、気候変動問題に取り組むことは、経営の重要課題として語られるようになった。
そうした中、新型コロナが直撃。パンデミックで世界経済が急激に悪化した。コロナ後に、脱炭素化の潮流は変わるのか。2018年に発足した、脱炭素社会実現を目指すネットワーク「気候変動イニシアティブ(JCI)」の代表を務める末吉竹二郎氏に聞いた。

コロナ危機と気候危機はトレードオフではない

──新型コロナで世界経済が混乱を来しました。これで気候変動問題の位置づけは変わったのでしょうか。

結論から言えば変わっていないどころか、いっそう危機感が増しているというのが現実だ。

地球温暖化問題は長期的、かつ構造的な変化の話だ。コロナが起きようが起きまいが温暖化は着実に進行しており、危機的状況はどんどん進行している。これは日本の政府や企業が気候変動対策を考えるときに、まず念頭に置いておかないといけない事実だ。

6月末に行われたフランスの統一地方選挙(決選投票)では、先進的な環境政策を掲げる緑の党が大躍進した。これは欧州議会、ドイツの国内選挙などの流れを受け継ぐものだ。環境推進派のアンヌ・イダルゴ・パリ市長も、大臣経験者を破って7月に再任した。コロナ危機でも、気候危機を脇に追いやってはいけないという、フランス国民の強い意志の表れだろう。

──コロナ危機と気候危機の両方に、同時に対策を打てますか?

実は、気候危機とコロナの感染拡大対策は、トレードオフの関係にはない。

2つの危機は根っこでは、同じ問題を引き起こしている。それは人間社会が自然界との付き合い方を間違えてしまったということだ。その結果が温暖化、貧困、水、感染症問題といった形で顕在化している。

どの危機も本当に被害を受けるのは、一般の人々だ。こうした人たちに社会構造の一部分を担ってもらっていたからこそ、社会が成り立っていた側面もある。今度のコロナ危機でも一目瞭然だと思う。病院関係者や警察、消防、レストランで働く人たちが頑張っていたから社会が成り立っていた。そして、彼ら自身もコロナ問題に直面する当事者であることを忘れてはいけない。

現在、日本を含めて世界ではコロナ対策として1200兆円ぐらいの財政出動が計画されている。これだけの額の財政出動はそうそうない。より効率的な財政出動にするためには、コロナ対策と気候変動対策と両方に効いてくるような形にする必要がある。

例えば、ヨーロッパを中心にした国々は、「(経済の復興と脱炭素社会への移行を両立させる)グリーンリカバリーこそ大事だ」との旗印を下ろさずに、コロナに向き合おうとしている。日本も大規模な財政出動を行うが、気候危機への意識が十分とは言い切れない。ヨーロッパ各国と日本とでは、5年、10年、そして20年経ったときに気候危機対策に歴然とした差がつく。グリーンリカバリーの世界的な流れを日本もしっかりキャッチアップしていく必要がある。

──2018年にJCIを設立したきっかけは何だったのですか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アフターコロナの岐路
「インフラからプラットフォームに領域を広げる」
三菱UFJフィナンシャル・グループ 亀澤宏規社長
「多品種、多国籍が強みになる」
ミネベアミツミ 貝沼由久社長
「音楽は変わらない。楽しみ方は変わる」
ヤマハ 中田卓也社長
「ネット社会と付き合うリテラシーが求められる」
イー・ガーディアン 高谷康久社長
「世界をリードする技術革新力が必要だ」
東京エレクトロン 河合利樹社長
「生き残る配信事業者は3つ。そこに入りたい」
U-NEXT 堤天心社長
「コロナで『第5次産業革命』が起きる」
パソナグループ 南部靖之代表
「車の需要は多様化する。新たな収益源に挑戦していく」
ヤナセ 吉田多孝社長
「移動サービスで街を活性化させる」
Mellow 森口拓也代表
「ゲームはディズニーやネットフリックスより稼げる」
ネクソン オーウェン・マホニー社長
「ゲーム内コミュニテイはさらに広がる」
スクウェア・エニックス・ホールディングス 松田洋祐社長
「オールジャパンでワクチン開発を」
大阪大学 森下竜一教授
「科学に基づいた知見や製品を広めていく」
島津製作所 上田輝久社長
「今こそ宗教の多様性が求められている」
東大寺 狹川普文別当
「社内の“空気"が日本企業のM&Aを止めている」
GCA 渡辺章博社長
「商品数は半減、“演出"はどんどん増やす」
ゴールドウイン 渡辺貴生社長
「100円ショップでも100円にはこだわらない」
ワッツ 平岡史生社長
「在宅勤務で家計の負担は増え続ける」
CDエナジーダイレクト 山東要社長
「買収は積極的に仕掛ける」
カインズ 土屋裕雅会長
「量から質へ、自動車ビジネスは商売のやり方を変える」
旭化成 小堀秀毅社長
「中間管理職より“中間経営職"を目指せ」
経営共創基盤 冨山和彦CEO
「地球温暖化への危機感がいっそう増している」
気候変動イニシアティブ 末吉竹二郎代表
「観戦が主軸のビジネスモデルを変えていく」
新日本プロレス ハロルド・ジョージ・メイ社長
「“小粒"のサプライヤーのままでいたくない」
ジーテクト 高尾直宏社長
「リモートファクトリーの推進役に」
川崎重工業 橋本康彦社長
「ローカル重視のサプライチェーンが広がる」
NTT 澤田純社長
「危機時にこそ、投資を続ける」
リクルートホールディングス 峰岸真澄社長
「カメラに従来と違う魅力が生まれている」
キヤノン 戸倉剛常務執行役員
「生活スタイルに合わせて、鉄道ビジネスも変えていく」
JR東日本 深澤祐二社長
「損保のデジタル化が加速する」
MS&ADインシュアランスグループホールディングス 原典之グループCEO
「日本の自動車産業を刺激する。それができたら十分だ」
モネ・テクノロジーズ 宮川潤一社長
「次世代トラック開発に、遅れも焦りもない」
日野自動車 下義生社長
「適正な運賃を求めていく」
佐川急便 本村正秀社長
「私たちがデリバリー市場の存在を証明した」
Uber Eats日本代表 武藤友木子
「低単価レストランにもう一度挑戦する」
サイゼリヤ 堀埜一成社長
「起業する若い人たちの気持ちは冷えていない」
ジャフコ 豊貴伸一社長
「前の体制にはもう戻れない」
ジャパンエレベーターサービスホールディングス 石田克史会長兼CEO
「動画配信の世界でいろんなコラボをしたい」
スカパーJSATホールディングス 米倉英一社長
「科学的根拠に基づき、コロナと共存していく」
マルハン 韓裕社長
「ウェブでの顧客接点を増やしていきたい」
NTTドコモ 吉澤和弘社長
「鉄道運賃のあり方を根本的に進化させる」
JR西日本 長谷川一明社長
「自販機事業への投資こそが成長する道だ」
コカ・コーラ ボトラーズジャパンHD カリン・ドラガン社長
「在宅勤務で生まれた課題を解決する」
富士ゼロックス 玉井光一社長
「都市の構造は簡単には変わらない」
早稲田大学理工学術院 森本章倫教授
「社員に来てもらえるオフィスが必要だ」
シービーアールイー 坂口英治社長
「都会の視点で地方交通の問題は解決できない」
両備グループ 小嶋光信代表兼CEO
「加熱式で巻き返すチャンスはある」
日本たばこ産業 寺畠正道社長
「米中に続く“第三極"の強みをいよいよ発揮できる」
Zホールディングス 川邊健太郎社長
「循環型社会をグローバルに実現したい」
メルカリ 山田進太郎社長
「コロナワクチンを焦って開発しない」
塩野義製薬 手代木功社長
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内