有料会員限定

サービス残業していませんか、テレワークの落とし穴 Part 2 コロナショックは終わらない

印刷
A
A

コロナ禍で一気に普及したことにより、ひずみも生まれつつある。

労働時間が管理しにくい、光熱費がかさむといったデメリットも(NOBU/PIXTA)

特集「テレワーク総点検」の他の記事を読む

週刊東洋経済 2020年6/6号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

柔軟な働き方を可能にするテレワーク。だが解決すべき課題も少なくない。

その最たるものが労働時間の管理だ。本来、在宅勤務であっても、オフィスで働くのと同じように厳格な労働時間の管理が求められる。所定時間を超えて働かせれば、その分の残業代を支払う必要がある。

ところが、東証1部に上場する建設関連会社の人事部長は、「残業を申請する社員が新型コロナの感染拡大前より少ない」と語る。

「私たちは『残業は申請させるようにしてください』と伝えているが、現場の上司がちゃんと管理できておらず、実際は“隠れ残業”をしている社員が結構いるのではないかと心配している」(同)

社員が申請を躊躇する理由はいくつか考えられる。その1つは「家でだらだら仕事をしていた」と思われたくないことだ。上司は勤務態度や仕事ぶりを目で確認できないことから、残業を申請すると評価を下げられてしまうのではないかと考えてしまう。

リクルートマネジメントソリューションズの調査によると、仕事のプロセスや成果が適正に評価されていないのではという不安が増える人は約3割に上る。ほかに仕事に関連するストレスが増えている人も3割近くいる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
テレワーク総点検
「3密」を避ければ感染は防げる、妥協なき取り組みが不可欠だ
インタビュー/北海道大学大学院 医学研究院教授 西浦 博
手当を支給する企業も増えている
自宅をオフィス化する11のビジネスギア
Webカメラ、ディスプレー、コーヒーメーカー…
コミュニケーションを円滑にするためには工夫が必要だ
利用者の獲得競争が繰り広げられている
重要なのは技術ではなく、どう使いこなすか
エンジニアの渡航困難に対応、顧客とのやり取りも迅速化
さらばオフィスワーク、在宅勤務でここまでやる
Part 3 テレワーク達人を目指せ
旧来型のオフィスは変革を迫られる
スマートフォンなどで総会当日の議決権行使が可能に
会社が実態を把握するのは簡単ではない
Part 2 コロナショックは終わらない
インタビュー 日本人の働き方を変えるか(1)
インタビュー 日本人の働き方を変えるか(2)
インタビュー 日本人の働き方を変えるか(3)
取引先の協力も不可欠
本誌独自アンケート「在宅勤務者の悩みと工夫」
どんな苦労に直面し、どう乗り越えたのか
就活生からの不安の声が少なくないが、思わぬ効果も
Part1 コロナが変えた働き方
テレワーク総点検
コロナで広がる働き方格差
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内