有料会員限定

10業界のコロナ対応をチェック、広がるテレワーク格差 Part1 コロナが変えた働き方

印刷
A
A

いかに感染予防と事業活動を両立させるか。今後も手探りが続きそうだ。

週刊東洋経済 2020年6/6号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「テレワーク総点検」の他の記事を読む

政府の緊急事態宣言を受け、急拡大したテレワーク。しかし、オフィスワークなど対応しやすい業務がある一方、現場仕事など対応しにくい業務もあった。左図は4月にパーソル総合研究所が集計した、テレワークを実施した企業の業界別の割合だ。情報通信(ICT)企業など対応が進んだ業種と、小売りや運輸などそうでない業種とで明暗が分かれた。

おのおのの業界は緊急事態宣言下でいかに事業活動を続けたのか。テレワークはどこまで浸透したか。改めて業界ごとの変化を振り返り、今後の働き方の形を展望する。

1. 自動車|在宅拡大も開発に課題

「移動時間80%減、接触人数85%減、会議時間30%減、資料50%減。未来への投資にリソースが割ける」。緊急事態宣言後、愛知の研修センターで勤務していたというトヨタ自動車の豊田章男社長は、5月12日のオンライン決算説明会でそう説明した。

豊田社長はオンライン説明会で、「今回の決算は新しいトヨタに生まれ変われるスタートポイント」と強調した

実際、トヨタは3月20日以降に名古屋で、同26日以降には東京で原則在宅勤務の態勢を取った。本社地域でも4月13日以降、公共交通機関の利用者は原則在宅勤務に。当面はこの施策を継続する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
テレワーク総点検
「3密」を避ければ感染は防げる、妥協なき取り組みが不可欠だ
インタビュー/北海道大学大学院 医学研究院教授 西浦 博
手当を支給する企業も増えている
自宅をオフィス化する11のビジネスギア
Webカメラ、ディスプレー、コーヒーメーカー…
コミュニケーションを円滑にするためには工夫が必要だ
利用者の獲得競争が繰り広げられている
重要なのは技術ではなく、どう使いこなすか
エンジニアの渡航困難に対応、顧客とのやり取りも迅速化
さらばオフィスワーク、在宅勤務でここまでやる
Part 3 テレワーク達人を目指せ
旧来型のオフィスは変革を迫られる
スマートフォンなどで総会当日の議決権行使が可能に
会社が実態を把握するのは簡単ではない
Part 2 コロナショックは終わらない
インタビュー 日本人の働き方を変えるか(1)
インタビュー 日本人の働き方を変えるか(2)
インタビュー 日本人の働き方を変えるか(3)
取引先の協力も不可欠
本誌独自アンケート「在宅勤務者の悩みと工夫」
どんな苦労に直面し、どう乗り越えたのか
就活生からの不安の声が少なくないが、思わぬ効果も
Part1 コロナが変えた働き方
テレワーク総点検
コロナで広がる働き方格差
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内