有料会員限定

『資源地政学 グローバル・エネルギー競争と戦略的パートナーシップ』 『コロナの時代の僕ら』ほか

印刷
A
A

「資源通過国」に「地技学」 一味違う地政学の入門書
評者/帝京大学教授 渡邊啓貴

『資源地政学 グローバル・エネルギー競争と戦略的パートナーシップ』稲垣文昭、玉井良尚、宮脇 昇 編(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

[Profile]いながき・ふみあき/1971年生まれ。秋田大学大学院国際資源学研究科講師。専攻は中央アジア・旧ソ連の地域研究、エネルギーなど。たまい・よしなお岡山理科大学講師、京都先端科学大学講師。みやわき・のぼる1969年生まれ。立命館大学政策科学部教授。専攻は国際政治、国際公共政策、安全保障政策。編著に『新グローバル公共政策』。

書店に並ぶ地政学関連書の多くは、大国間の権力争いの延長線上にある。本書はグローバルな資源をめぐる動きに焦点を定め、世界の動きを読もうという新しい視点を提供してくれる。

資源をめぐる議論は地政学的発想と親密だ。19世紀にドイツで発展した「陸の地政学」は、海上輸送の安全に重きを置く米英の「海の地政学」に対し、農産物、エネルギーなど天然資源の確保のための大国の勢力拡大を肯定したものだ。

一般に資源問題は、資源産出国と消費国の関係が論じられるが、本書ではグローバル化が進む中で「資源通過国」の重要性を指摘し、それを「接続性」や「連結性」という用語で表現する。畢竟(ひっきょう)、中央アジア、アフガニスタンといった内陸国や北極海航路についての例が詳しく検証される。ユーラシア大陸を横断する中国の「一帯一路」構想もそうしたアプローチの1つだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内