有料会員限定

『トマス・ジェファソン 権力の技法』 『言葉で癒す人になる ユダヤの知恵に学ぶ言葉の賢い使い方』ほか

印刷
A
A

奴隷所有者にして自由主義者、元祖「小さな政府」派の生涯
評者/関西大学客員教授 会田弘継

『トマス・ジェファソン 権力の技法』ジョン・ミーチャム 著/森本奈理 訳(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

[Profile]Jon Meacham 1969年生まれ。作家、編集者、評論家。米国版『ニューズウィーク』の編集長を経て、ランダムハウスの編集主幹。大統領の伝記作家として名高く、第7代米大統領A・ジャクソンを描いた『アメリカン・ライオン』でピュリツァー賞。ほかに『運命と権力』など。

1776年に独立を宣言したアメリカ合衆国は、英仏スペインの勢力圏に囲まれた人口300万人ほどの脆弱な国家であった。だが、建国期に多くの若い優れた政治家に恵まれ、時代の荒波を乗り越えて1世紀半後には超大国となる。

33歳で独立宣言を起草したジェファソンは、建国期の革命的側面を代表する政治家だ。だが、近年注目された亡妻の異母妹である奴隷女性との性関係にも象徴されるように、その「人生の真実は複雑である」と著者はいう。

本書は、ジェファソンが生涯格闘した自由と権力をめぐる論争を軸に、この政治家の複雑な生涯を描く。論争は連邦政府の権限をめぐり繰り広げられた。権力の集中に抵抗したジェファソンだが、自らが第3代大統領になると、見事に権力を行使し、諸大国の中で新興国家の生き残りを図る。そうした政治家生活の一方、生涯延べ600人の奴隷を抱えた農園主として、自由の理想との矛盾を抱え生きた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内