有料会員限定

高齢者への安易な処方で認知症患者が数十万人 「薬害・廃人症候群」の恐怖

印刷
A
A
睡眠薬は高齢者によく処方されている。そこには大きな危険がある

特集「クスリ・医療」の他の記事を読む

高齢になれば薬の量が増えるのは仕方ない面がある。だがその薬によって、認知機能が落ち、揚げ句には廃人のような症状に追い込まれる副作用については、長い間放置されてきた。

危機感を抱いた関係学会が「危険なクスリ」を300種類挙げて注意を促したが、それでも漫然投与は続き、被害は数十万人にも及ぶかもしれない。陰に追いやられてきた高齢者医療を追っていくと、驚くべき実態が見えてきた。

まるでつくられた認知症

ベンゾジアゼピン(BZ)という薬剤の名前を聞いたことがあるだろうか。睡眠薬・抗不安薬としてよく使われる薬剤だが、医師が高齢者に処方する際に、とくに注意を要すると指摘されている。

新聞や週刊誌を読んで自由に出歩いていた高齢者が、病院にかかって薬剤を服用した途端に人が変わってしまう。記憶力や判断力が奪われるなど認知機能の低下を招く副作用の危険性がある。それだけでなく、元気がなくなって寝たきりになる過鎮静や、急に怒り出して暴言や暴力を繰り返すなどといった症状もある。家族も慌てるが、何より人生の最終章を迎えた高齢者の尊厳を奪いかねない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
クスリ・医療
告発スクープ|湘南美容外科グループの“独自療法"
インタビュー/国立がん研究センターがん対策情報センター長 若尾文彦
“ステージ0"で発見する最新検査
Part3 がん治療・検査の闇|毎年検診を受けていても進行がん発見
理由なき4年間の強制入院、42歳女性が味わった地獄
ルポ|精神科病院の深い闇
インタビュー/東京都立松沢病院 院長 齋藤正彦
深刻化する担い手不足
病院再編めぐり地元大学医学部と県に亀裂
「無給医」問題でさらに加速
公的助成が病院に流れる
Part2 病院の裏側|糖尿病や白内障の入院は必要か
規制だけでは解決できない、増える10代の市販薬乱用
せき止め薬や風邪薬、鎮痛薬に依存
「薬害・廃人症候群」の恐怖
添付文書に重要な情報がない!
Part1 クスリの罠|糖尿病、高脂血症、高血圧……
国内で年間8000人が死亡
その医療、必要ですか
受けたくないムダな医療50
クスリ・医療
信じてはいけない
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内