有料会員限定

検診を信じていたのに…がん見逃し誤診に要注意 Part3 がん治療・検査の闇|毎年検診を受けていても進行がん発見

印刷
A
A
イラスト:浜畠かのう

特集「クスリ・医療」の他の記事を読む

「主人は、毎年欠かさず職場でバリウム検査を受けていました。がん検診はいったい何のためにあるんだろうと思います」

悲しみと静かな怒りを込めて、女性は胃がんで他界した夫のことを語った。40代の若さで、小学生の子供2人を残して亡くなる無念は、計り知れない。

命を守るはずのがん検診で、こうした悲劇が繰り返されている。

自治体や職場で実施される対策型検診で国が推奨するのは、肺、胃、大腸、乳房、子宮の5つ。その目的は、あくまで集団全体の死亡率減少である。だから、下表のように、死亡率減少の効果が高いとされるものが推奨される。

多人数を短時間で検査する必要があるので、早くて安い検査が検診の主流だ。しかし、これらは必ずしも精度の高い検査ではない。

例えば、肺がんや胃がん検診で推奨されるX線検査では、がんが2センチメートル前後の大きさにならないと、発見が難しいとされる。早期発見というには微妙な段階だ。

費用はX線検査よりもかかるが、CT(コンピューター断層撮影)や内視鏡検査は、1センチメートルより小さなサイズのがんも発見可能だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
クスリ・医療
告発スクープ|湘南美容外科グループの“独自療法"
インタビュー/国立がん研究センターがん対策情報センター長 若尾文彦
“ステージ0"で発見する最新検査
Part3 がん治療・検査の闇|毎年検診を受けていても進行がん発見
理由なき4年間の強制入院、42歳女性が味わった地獄
ルポ|精神科病院の深い闇
インタビュー/東京都立松沢病院 院長 齋藤正彦
深刻化する担い手不足
病院再編めぐり地元大学医学部と県に亀裂
「無給医」問題でさらに加速
公的助成が病院に流れる
Part2 病院の裏側|糖尿病や白内障の入院は必要か
規制だけでは解決できない、増える10代の市販薬乱用
せき止め薬や風邪薬、鎮痛薬に依存
「薬害・廃人症候群」の恐怖
添付文書に重要な情報がない!
Part1 クスリの罠|糖尿病、高脂血症、高血圧……
国内で年間8000人が死亡
その医療、必要ですか
受けたくないムダな医療50
クスリ・医療
信じてはいけない
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内