有料会員限定

県立病院で主導権争い勃発、医師不在に翻弄される町 病院再編めぐり地元大学医学部と県に亀裂

印刷
A
A
1947年に開院し、49年に県立となった河北病院

特集「クスリ・医療」の他の記事を読む

「過疎化が叫ばれる中、町長として医療と教育が最も重要なものと考えている。効率性だけで議論してもらっては困るのだが──」。山形県河北町の森谷俊雄町長は嘆きとも憤りともとれる口調で語った。

悩みの種は河北町にある県立河北病院だ。山形の県立病院では最も歴史があり、西村山地域(寒河江市、河北町、西川町、朝日町、大江町)の基幹病院である。

病院が診療体制の縮小に追い込まれたのは2019年の秋。森谷町長がとりわけ心配したのは小児科だった。科の廃止こそ免れたものの、常勤医が去ってしまった。

河北病院を訪れた際、担当医師の一覧表で確認すると、確かに「休診」の診療科が多く、小児科や皮膚科などの待ち合いロビーには人の姿がなかった。

医師引き揚げで診療科は「休診」が目立つ

「県立病院は民間病院と役割が違う。残念なのは、地域医療をどうするかというビジョンがいまだ見えないことだ」(森谷町長)

河北病院問題は、山形の医療界にも禍根を残した。山形県が山形大学医学部(山大医学部)を蚊帳の外に置いてリストラ計画を策定したからだ。県と山大医学部が衝突した経緯を振り返ってみよう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
クスリ・医療
告発スクープ|湘南美容外科グループの“独自療法"
インタビュー/国立がん研究センターがん対策情報センター長 若尾文彦
“ステージ0"で発見する最新検査
Part3 がん治療・検査の闇|毎年検診を受けていても進行がん発見
理由なき4年間の強制入院、42歳女性が味わった地獄
ルポ|精神科病院の深い闇
インタビュー/東京都立松沢病院 院長 齋藤正彦
深刻化する担い手不足
病院再編めぐり地元大学医学部と県に亀裂
「無給医」問題でさらに加速
公的助成が病院に流れる
Part2 病院の裏側|糖尿病や白内障の入院は必要か
規制だけでは解決できない、増える10代の市販薬乱用
せき止め薬や風邪薬、鎮痛薬に依存
「薬害・廃人症候群」の恐怖
添付文書に重要な情報がない!
Part1 クスリの罠|糖尿病、高脂血症、高血圧……
国内で年間8000人が死亡
その医療、必要ですか
受けたくないムダな医療50
クスリ・医療
信じてはいけない
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内