有料会員限定

戒律や神学上の違い…一神教と多神教の差を知る 宗教を教養としてどう捉えるか

印刷
A
A

ベストセラーを書く宗教学者が、宗教理解のポイントを解く。

唯一神への信仰を誓うユダヤ教徒(AGE FOTOSTOCK/アフロ)

特集「世界史&宗教」の他の記事を読む

世界の宗教に関する教養的知識が欲しいという要望は多い。ここでは宗教「理解」のためのポイントを書き並べてみることにする。

まず、よく言われていることだが、やはり多神教と一神教の違いが重要だ。ここに大きなギャップがある。大まかに言って、漢字文化圏と東南アジア北部、そしてインドの辺りは多神教が根付いている社会であり、日本人の感覚でお付き合いしても信仰上のトラブルは少ない。

しかし、そのほかの地域にはおおむね一神教が広がっている。欧米はキリスト教、中東や東南アジアの南部はイスラム教だ。この「唯一絶対の神」の信仰は、日本人にとって苦手に見えるだろう。

一神教の中でも戒律を重んじるイスラム教は、日本人にとってとくにとっつきにくい。伝統的に日本人は、意識的に戒律に従うのを嫌ってきたからである。日に5回の礼拝、利子や豚肉食の禁止など「絶対神がそう決めた」と説明されても、なんでいちいち守らなければならないのか、と思ってしまう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内