有料会員限定

食・農学部が流行する背景 関西で設立相次ぐ

✎ 1〜 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 最新
拡大
縮小

近畿大、龍谷大、摂南大、立命館大…。就職にも強く受験生の人気は高い。

ウナギの人工ふ化・初期飼育に成功した近畿大学水産研究所の升間所長(撮影:大澤 誠)

特集「本当に強い理系大学」の他の記事を読む

養殖に必要な稚魚の減少が問題となっているウナギに、明るい兆しが見えてきた。今年、近畿大学水産研究所が、ニホンウナギの人工ふ化、稚魚の初期飼育(50日間)に成功したのだ。同研究所は、完全養殖を実現したクロマグロをはじめ、ブリやヒラメなど数々の魚種の人工ふ化と種苗生産を成功させており、期待は高まっている。

こうした先端研究は、近大農学部や大学院農学研究科の学生にもメリットがある。卒業論文や修士論文のテーマに選ぶと、実験場でフィールドワークができるからだ。宿泊費や食費は無料で、半年間滞在できる。「現地実習をした学生に対する、企業の注目度は高い。先日も養殖業の経営者からうちに欲しいと言われた」(升間主計・水産研究所長)。

資源枯渇や貿易自由化、人材の高齢化など、「食」「農」の世界は問題が山積み。その問題に立ち向かう若い人材は引く手あまただ。

食と農全体を知る教育

そんな現状に着目し、近年、関西圏の大学は「食」「農」に関する学部を次々と開設している。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
本当に強い理系大学
ランキングから読む「就職に強い」理系学部の実態
誌上座談会 5業種の人事担当者が本音で語る
院試と就職活動の両立はできない
不適切入試で志願者数が減少
研究力がわかる?
学部や研究内容でも異なる
進路指導のプロが教える大学選びの新常識
読み解き、表現する力が試される
Part3 受験&就職|政治問題化で英語民間試験の活用が延期に
IT×法の中央大、経済数理の成蹊大
学部再編や学門名称変更も
豊田工業大、福岡工業大、神奈川工科大
東理大、芝浦工大、電機大、工学院大、都市大、千葉工大
設備の充実度は群を抜く
関西で設立相次ぐ
インタビュー/京都先端科学大学 理事長・日本電産 会長 永守重信
Part2 教育|会津大、滋賀大、武蔵野大、東洋大
インタビュー/日本学術会議 会長・京都大学 総長 山極壽一
日本の研究力は危機的だ
今後ノーベル賞受賞者は激減?
日本が強い領域は?
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内