有料会員限定

進学先は研究室で選ぶ Part1研究力|トップ研究室に入る方法

印刷
A
A

研究室は理系の学生生活を左右する。大学選びで外せない要素だ。

「ibuki」は子どものアンドロイド。自動で表情をつくり、腕を動かせる(撮影:梅谷秀司)

特集「本当に強い理系大学」の他の記事を読む

「研究室」は大学4年生から大学院までの数年間を過ごすこともある専門研究の拠点。志望大学の研究室を調べておいたほうが、後悔のない大学選びができる。日本のトップ研究室はどんな研究をしているのか、どうやって入るのか。3つの研究室を取材した。

大阪大学 石黒研究室|本人のやる気を重視

モデルや操作者に与える心理的影響を探るためにモデルと酷似させた「ジェミノイド」、人間と対話できる「ERICA(エリカ)」、対話と移動の機能を持つ「ibuki(イブキ)」……。人間と関わるアンドロイド(ヒト型ロボット)を使った研究を多く手がけるのが、大阪大学大学院基礎工学研究科の石黒研究室だ。

石黒浩教授は人間酷似型アンドロイドの第一人者として海外にもその名が知れ渡っており、2015年にはドバイの国際賞を受賞した。「人と関わるロボットを研究しているのは、ロボットを通じて『自分自身が何者か』を知りたいから。そのために、技術開発と人間理解を同時に進めている」と語る。

石黒研の魅力は、複数あるロボットの研究グループの中から、やりたい研究を選べることだ。ibukiグループに属する博士前期課程(修士)1年生の伊勢尚輝さんは「ロボットのハードの開発を希望したら、そのとおりに配属してもらえた。興味を持って研究に取り組んでいる」と話す。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
本当に強い理系大学
ランキングから読む「就職に強い」理系学部の実態
誌上座談会 5業種の人事担当者が本音で語る
院試と就職活動の両立はできない
不適切入試で志願者数が減少
研究力がわかる?
学部や研究内容でも異なる
進路指導のプロが教える大学選びの新常識
読み解き、表現する力が試される
Part3 受験&就職|政治問題化で英語民間試験の活用が延期に
IT×法の中央大、経済数理の成蹊大
学部再編や学門名称変更も
豊田工業大、福岡工業大、神奈川工科大
東理大、芝浦工大、電機大、工学院大、都市大、千葉工大
設備の充実度は群を抜く
関西で設立相次ぐ
インタビュー/京都先端科学大学 理事長・日本電産 会長 永守重信
Part2 教育|会津大、滋賀大、武蔵野大、東洋大
インタビュー/日本学術会議 会長・京都大学 総長 山極壽一
日本の研究力は危機的だ
今後ノーベル賞受賞者は激減?
日本が強い領域は?
潤沢な資金を背景に国際的に高い評価
世界トップクラスの先端研究が目白押し
「土地」の簿価は約9000億円!
志望校は学びたいテーマで選ぶ
恐竜研究、におい・かおり学…
Part1研究力|トップ研究室に入る方法
35歳の自分に向けて研究せよ
インタビュー/旭化成 名誉フェロー 吉野彰
本当に強い理系大学
理・工・農・医213大学の実力を徹底検証
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内