有料会員限定

理系学生の1日の過ごし方 学部や研究内容でも異なる

印刷
A
A

東工大院、東大院、工学院大の理系学生に学生生活の実態を聞いた。

4年生になると研究室に配属され、研究の毎日が続く(武田さん)(撮影:ヒダキトモコ)

特集「本当に強い理系大学」の他の記事を読む

「講義や研究で忙しい」といわれる理系学生。その具体的な内訳はどうなっているのか。一般的な4~6年間の過ごし方は、下図のとおりだが、学校や学部によっても異なる。そこで、3人の大学生・大学院生にそのキャンパスライフの実態を聞いた。

東工大大学院 機械|中川さんの場合

東京工業大学の工学院機械系機械コース修士2年生の中川剛さん(仮名)は、「学部2年生から機械系の専門科目の履修が始まり、課題も多くて勉強量はその頃がピークでした」と振り返る。同校では1年生は教養科目が中心で、2年生のときに自分が進む“系”を選択する制度になっている。

埼玉県の実家から目黒区の大岡山キャンパスまで片道約2時間。1限の講義に出席するためには、朝の7時に家を出る必要があった。

3年生になると履修科目数が落ち着くため「土日含めて週3日、家電量販店で終日アルバイトをしていた」という。さらに3年の夏までバドミントンサークルに所属。週に3回ある18時から21時までの練習に参加していた。最後は副部長として活躍していたという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
本当に強い理系大学
ランキングから読む「就職に強い」理系学部の実態
誌上座談会 5業種の人事担当者が本音で語る
院試と就職活動の両立はできない
不適切入試で志願者数が減少
研究力がわかる?
学部や研究内容でも異なる
進路指導のプロが教える大学選びの新常識
読み解き、表現する力が試される
Part3 受験&就職|政治問題化で英語民間試験の活用が延期に
IT×法の中央大、経済数理の成蹊大
学部再編や学門名称変更も
豊田工業大、福岡工業大、神奈川工科大
東理大、芝浦工大、電機大、工学院大、都市大、千葉工大
設備の充実度は群を抜く
関西で設立相次ぐ
インタビュー/京都先端科学大学 理事長・日本電産 会長 永守重信
Part2 教育|会津大、滋賀大、武蔵野大、東洋大
インタビュー/日本学術会議 会長・京都大学 総長 山極壽一
日本の研究力は危機的だ
今後ノーベル賞受賞者は激減?
日本が強い領域は?
潤沢な資金を背景に国際的に高い評価
世界トップクラスの先端研究が目白押し
「土地」の簿価は約9000億円!
志望校は学びたいテーマで選ぶ
恐竜研究、におい・かおり学…
Part1研究力|トップ研究室に入る方法
35歳の自分に向けて研究せよ
インタビュー/旭化成 名誉フェロー 吉野彰
本当に強い理系大学
理・工・農・医213大学の実力を徹底検証
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内