35歳の自分に向けて研究せよ インタビュー/旭化成 名誉フェロー 吉野彰

印刷
A
A

2019年ノーベル化学賞の研究者が学生に告ぐ

よしの・あきら 1948年生まれ。京都大学大学院修了後、72年に旭化成入社。2017年から現職。(撮影:今井康一)

特集「本当に強い理系大学」の他の記事を読む

1985、86年に申請した特許でリチウムイオン電池の基本構造を確立し、晴れて今年のノーベル化学賞の受賞が決まった吉野彰氏(71)。京都大学大学院を修了後、産業界で半世紀近い研究者人生を送ってきた吉野氏が、理系学生に送るメッセージとは。

──化学の面白さに目覚めたのは、小学生の頃だそうですね。

小学校3〜4年生の頃、担任の先生が薦めてくれたファラデーの『ロウソクの科学』を読んで、これは面白い、と。だんだん、好きなことが得意科目になっていき、化学の研究をすることになった。

──京大での学生生活について教えてください。

学部では、とにかく専門以外のことも身に付けなさいと。没頭したのが、考古学の課外活動だ。京都や奈良で遺跡が出ると、役所から「10人くらい手伝いに来て」とお呼びがかかる。専門分野がバラバラの学生たちが集まって、ひたすら土を掘る。今思えば、このとき考古学をやった経験が、時代を読む力につながったように思う。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
本当に強い理系大学
ランキングから読む「就職に強い」理系学部の実態
誌上座談会 5業種の人事担当者が本音で語る
院試と就職活動の両立はできない
不適切入試で志願者数が減少
研究力がわかる?
学部や研究内容でも異なる
進路指導のプロが教える大学選びの新常識
読み解き、表現する力が試される
Part3 受験&就職|政治問題化で英語民間試験の活用が延期に
IT×法の中央大、経済数理の成蹊大
学部再編や学門名称変更も
豊田工業大、福岡工業大、神奈川工科大
東理大、芝浦工大、電機大、工学院大、都市大、千葉工大
設備の充実度は群を抜く
関西で設立相次ぐ
インタビュー/京都先端科学大学 理事長・日本電産 会長 永守重信
Part2 教育|会津大、滋賀大、武蔵野大、東洋大
インタビュー/日本学術会議 会長・京都大学 総長 山極壽一
日本の研究力は危機的だ
今後ノーベル賞受賞者は激減?
日本が強い領域は?
潤沢な資金を背景に国際的に高い評価
世界トップクラスの先端研究が目白押し
「土地」の簿価は約9000億円!
志望校は学びたいテーマで選ぶ
恐竜研究、におい・かおり学…
Part1研究力|トップ研究室に入る方法
35歳の自分に向けて研究せよ
インタビュー/旭化成 名誉フェロー 吉野彰
本当に強い理系大学
理・工・農・医213大学の実力を徹底検証
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内