強みではなく「持ち味」が重要、失敗を避けるための転職心得 自分の価値の高め方を伝授

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
拡大
縮小

転職市場で埋もれないためには独自の魅力を打ち出すことが必要だ。採用する側の視点に立って、キャリアを組み立てよう。

(freeangle / PIXTA)

特集「人生100年時代の稼ぐ力」の他の記事を読む

40歳前後になると、会社における自分の立ち位置がおのずと見えてくる。定年後もできるだけ長く働くことを考えると、今の勤務先にい続けるという選択肢だけではなく、転職することも視野に入る。

では転職を成功させるためには、どんな準備が必要なのか。即戦力を目指し、社内での実績をこつこつと積み上げればいいという考えではまずい。「ソニーに20年勤務した技術者」も「パナソニックに20年勤めた技術者」も、採用する側からは、大きな差がないと判断されてしまうのが実情だ。大勢の候補の一人にしかならないので、採用に至りにくく、収入の増加は期待できない。

重要なのは、採用する側の視点に立って考えることだ。「この人だったら、こう活躍してくれる」という明確なイメージが湧くかどうかが、取捨選択をする基準になる。それをクリアするには、自分にできることやこれまでの実績を事前に洗い出したうえで、採用する企業のニーズに応じて、柔軟に組み立てられるように整理しておくといい。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
人生100年時代の稼ぐ力
「人生は走り続けることが大事、選択の幅をもっと広げよう」
インタビュー/英ロンドン・ビジネススクール教授 リンダ・グラットン
パラレルキャリアの次に来るのは何か
6人の決断から学ぶ人生100年時代のキャリアの選び方
40代からの仕事探し
強みではなく「持ち味」が重要、失敗を避けるための転職心得
自分の価値の高め方を伝授
Part3 実践編|2つの軸でシニア職種の未来を診断
在職者向けの訓練もある
1日からでも手軽に参加できる
IT、インバウンド、介護、メンタルヘルス…
Part2 資格&学び直し編|稼ぐための賢い資格取得術
特別対談
弁護士、税理士がレクチャー
やはり職場の目が気になる…
Part1 副業編|カゴメ、みずほFGなど大企業が解禁へ
副業・資格取得で定年後も長く働く
人生100年時代の稼ぐ力
インタビュー/経済コラムニスト 大江英樹
インタビュー/神戸松蔭女子学院大学教授 楠木 新
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内