有料会員限定

個人としての信頼獲得がカギ「死ぬまで食える」仕事を探す Part3 実践編|2つの軸でシニア職種の未来を診断

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小

定年後も充実して働き続けるためには、職種選びが重要になる。

(freeangle / PIXTA)

特集「人生100年時代の稼ぐ力」の他の記事を読む

自動車部品メーカーに勤務する男性正社員Aさん(51)は週3回、会社帰りに塾で高校生に英語を教えている。数年前に上司との関係がこじれ、うつ病を発症。出世コースの海外営業から調達部門に異動し、毎日17時に退社できるようになったのがきっかけだ。

もともと長く働き続けるため、別の仕事も模索していた。学習塾はフルタイム勤務も可能だったが、年収が今より何割も減ってしまうため副業を選択した。「受験で合格した生徒からのお礼の手紙をうれしそうに読み返している。やりがいがある、と」(男性の妻)。

老後資産も年金だけでは心配であるため、資格取得なども考えている。アラフィフ世代以下で似たような会社員は珍しくないだろう。

高年齢者雇用安定法は定年を60歳以上と定めている。企業に65歳までの雇用確保も義務づけているが、閑職となるケースが多い。40代以下の段階で60代を見据えたキャリアプランを考えないと、苦しい老後が待ち受けている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
人生100年時代の稼ぐ力
「人生は走り続けることが大事、選択の幅をもっと広げよう」
インタビュー/英ロンドン・ビジネススクール教授 リンダ・グラットン
パラレルキャリアの次に来るのは何か
6人の決断から学ぶ人生100年時代のキャリアの選び方
40代からの仕事探し
強みではなく「持ち味」が重要、失敗を避けるための転職心得
自分の価値の高め方を伝授
Part3 実践編|2つの軸でシニア職種の未来を診断
在職者向けの訓練もある
1日からでも手軽に参加できる
IT、インバウンド、介護、メンタルヘルス…
Part2 資格&学び直し編|稼ぐための賢い資格取得術
特別対談
弁護士、税理士がレクチャー
やはり職場の目が気になる…
Part1 副業編|カゴメ、みずほFGなど大企業が解禁へ
副業・資格取得で定年後も長く働く
人生100年時代の稼ぐ力
インタビュー/経済コラムニスト 大江英樹
インタビュー/神戸松蔭女子学院大学教授 楠木 新
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内