有料会員限定

成毛 眞 × 堀江貴文「金脈はいくらだってある」 特別対談

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 最新
拡大
縮小

人生100年時代に人々はどう働くべきか、稼ぐべきか。猛烈ハードワーカーでもある2人がこれからの稼ぎ方を伝授。生活の身近なところに「ビジネスのヒント」があるようだ。

(撮影:梅谷秀司)

特集「人生100年時代の稼ぐ力」の他の記事を読む

成毛 さっき知ったんだけど、ホリエモンのポータルサイト「ホリエモンドットコム」のキャッチフレーズって「働くって楽しい。働くって素晴らしい」なんだね。確かに、人生100年時代といわれる今、いやいや働いていたら長くは続かないよね。かつては生活のために定年まではと割り切れたかもしれないけど、寿命が延びている今ではあまりにも長すぎる。そもそも会社は雇用を保障してくれないし。

なるけ・まこと/1955年北海道生まれ。自動車部品メーカーを経てIT業界へ。1991年マイクロソフト日本法人社長。2000年に退社後、投資会社インスパイア設立。書評サイトHONZも主宰。(撮影:梅谷秀司)

堀江 経団連会長が、人生100年時代の今、1つの会社で働き続ける終身雇用は無理と公言する時代ですからね。

ほりえ・たかふみ/1972年、福岡県生まれ。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。現在は宇宙ロケット開発、スマホアプリのプロデュースなどに注力。予防医療普及協会理事としての活動も。(撮影:梅谷秀司)

成毛 「これから、何を勉強すればいいですか」とよく聞かれるけど、やっぱりサイエンスとテクノロジーがいちばんいいよね。でも、それは本格的な先端医療とか航空宇宙なんかじゃなくてもいい。伊勢でクラフトビールを造っている友人は微生物マニア。そもそもビールは発酵製品だし、発酵は微生物の働きだからマニアには向いている。彼は昔ながらの醸造職人ではなく、微生物の研究者をバンバン採用して、先端の設備を使って酵母を培養している。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
人生100年時代の稼ぐ力
「人生は走り続けることが大事、選択の幅をもっと広げよう」
インタビュー/英ロンドン・ビジネススクール教授 リンダ・グラットン
パラレルキャリアの次に来るのは何か
6人の決断から学ぶ人生100年時代のキャリアの選び方
40代からの仕事探し
強みではなく「持ち味」が重要、失敗を避けるための転職心得
自分の価値の高め方を伝授
Part3 実践編|2つの軸でシニア職種の未来を診断
在職者向けの訓練もある
1日からでも手軽に参加できる
IT、インバウンド、介護、メンタルヘルス…
Part2 資格&学び直し編|稼ぐための賢い資格取得術
特別対談
弁護士、税理士がレクチャー
やはり職場の目が気になる…
Part1 副業編|カゴメ、みずほFGなど大企業が解禁へ
副業・資格取得で定年後も長く働く
人生100年時代の稼ぐ力
インタビュー/経済コラムニスト 大江英樹
インタビュー/神戸松蔭女子学院大学教授 楠木 新
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内