見える化・ムダとり・カイゼン…「トヨタ式」で快適空間づくり Part1 実家の片づけ|モノの置き場を「使う頻度別」で分類

印刷
A
A

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大幅改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。「親の3大問題」解決に必要な知識とノウハウを習得しよう。

本誌:中島順一郎、緒方欽一、堀川美行

週刊東洋経済 2019年4/27-5/4号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「実家の片づけ 激変する相続 死後の手続き」の他の記事を読む

Part1 実家の片づけ|モノの置き場を「使う頻度別」で分類

親と離れて過ごす子世代にとって、モノであふれる実家の整理は頭の痛い問題だ。親の機嫌を損ねず、きれいに片づける方法を伝授する。

見える化・ムダとり・カイゼン 『トヨタ式』で快適空間づくり

実家の片づけといっても、どう進めていいか悩みがち。そんなときはトヨタ式の3つの手法「見える化」「ムダとり」「カイゼン」が役に立つ。「トヨタ式おうち片づけ」の基本的な考え方はシンプル。「モノの数を決めて、仕組みをつくること」だ。

最初に行うのは「見える化」だ。トヨタグループで使われる見える化とは、「関係者が状況を一瞬で把握できること」を指す。家の中に置き換えると、タオルを何枚持っていて、それは適正な量か、自信を持って答えられるだろうか。モノの総数を把握し、適正量を知ることから片づけは始まる。

まずはチェックリストを使って、実家の現状を見える化しよう。

Aが多い人は「現実を見て見ぬふり」タイプだ。部屋の中がモノであふれているのに、「それでも足りないのでは?」という不安があり、たくさん買ってしまう傾向がある。毎日使うモノの適正量を見直すことから始めよう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
実家の片づけ 激変する相続 死後の手続き
四十九日法要までは大変
故人との区切りをつける
スマホ・パソコン時代の盲点
Part3 死後の手続き|忘れるとトラブルに!
「『0.5%ルール』を守って高齢期も資産運用しよう」
インタビュー|山崎 元 経済評論家
子や孫を支援しながら相続税対策
体験者に聞いた「私の贈与」
無用な争いは避けたい
Part2 激変する相続|知らないと損をする可能性も
事前の準備でトラブル回避
シニアでも簡単に使える!
インタビュー|俳優 中尾彬・女優 池波志乃
「ときめき」を基準に見極め
言い方を間違えると失敗する
見える化・ムダとり・カイゼン…「トヨタ式」で快適空間づくり
Part1 実家の片づけ|モノの置き場を「使う頻度別」で分類
人気の樹木葬、永代供養に要注意
空き家になると手間が増える
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内