有料会員限定

KYB問題の意外な余波 タワマン建設が止まる? 新築市場4つの爆弾(1)免震・制振偽装

印刷
A
A
KYBがダンパーの交換に2年かかるとしていることに、ゼネコンは危機感を募らせている(撮影:風間仁一郎)

特集「マンション絶望未来」の他の記事を読む

油圧機器メーカーのKYBと川金コアテックの免震・制振用オイルダンパーに関して、検査データの改ざんが発覚してからはや1カ月。改ざんの有無が不明の製品も合わせると総数は1万本以上にも上り、再検査や正規品との交換は遅々として進まない。

渦中の2社は問題解決を優先するとして、新規のオイルダンパー受注を事実上停止した。ところが、これが新たな「動揺」を引き起こすこととなる。「オイルダンパーが供給されず、タワーマンション(タワマン)の着工が停滞するおそれがある」(東京カンテイの髙橋雅之主任研究員)ためだ。

KYBによれば、2018年3月末時点での免震・制振用オイルダンパーの国内シェアは45%。川金コアテックはシェアを公表していないものの、両社を合わせれば過半を占めるのは間違いない。対して新築タワマンへの免震・制振装置の搭載率は右肩上がり。最高階が40階以上の物件に限れば、10年以降に供給された物件の約9割にも達する。免震・制振装置がタワマンの標準設備となりつつある中、ダンパーの供給懸念は、今後の竣工計画を狂わせかねない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
マンション絶望未来
高経年化=老朽化とは限らない
現場が見えていない!?
3Dの建設設計図で「見える化」
当事者たちが語る
業者にカモられないための
悪質コンサルの厚顔無恥
積立金と現場作業員のW不足
有識者に聞く老朽化への処方箋 マンションを延命するには?
»»PART2 資産価値が急落! 老朽化の恐怖
業界震撼!
新築市場4つの爆弾(4)金利上昇
新築市場4つの爆弾(3)選手村跡地マンション
不動産の達人に聞く マンション市場
不動産コンサルタント 沖有人/「マンションマニア」管理人 星直人
新築市場4つの爆弾(2)羽田新飛行ルート
新築市場4つの爆弾(1)免震・制振偽装
»»PART1 新築市場の急減速
新築の急減速&超老朽化のダブル危機
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内